今月3日より韓国にてスタートした、tvN『ゴースト・ドクター』。主演を務めるRAIN(ピ)は劇中、ゴーストとなった医師役でコミカルな演技を披露し、視聴者から好評を得ている。これと共に、妻である女優のキム・テヒに続きゴースト役を演じたことが話題になっている。

今月3日よりスタートしたtvN新月火ドラマ『ゴースト・ドクター』で主演を務めている、RAIN(ピ)(本名:チョン・ジフン)。

このドラマでRAIN(ピ)は、妻である女優のキム・テヒに続き、ゴースト役にチャレンジする。

偶然とはいえお互いを比較せずにはいられない、2人の”ゴースト”。彼らにはどのような違いがあるのだろうか。

劇中、繰り広げられる2人のケミストリーにも注目したい、RAIN(ピ)、キム・ボム主演の新医療ドラマ『ゴースト・ドクター』。

RAIN(ピ)、キム・ボム主演の新医療ドラマ『ゴースト・ドクター』。劇中、繰り広げられる2人のケミストリーにも注目(画像出典:tvN)

キム・テヒは2020年に放送されたtvN『ハイバイ、ママ!』で、ゴーストとなった母親役を演じた。

『ハイバイ、ママ!』は、事故によって家族の元を去ってしまったチャ・ユリ(キム・テヒ)が、死別の悲しみを乗り越えて新しい人生を歩み始めた夫、チョ・ガンファ(イ・ギュヒョン)と娘の前に再び現れて繰り広げる、ゴーストママの生まれ変わりストーリーだ。

愛する子どもと夫を残してこの世を去ったが、家族の周りを回りながら面倒を見るチャ・ユリ。ゴーストであるチャ・ユリの姿は娘には見えないが、すべての時間を共にしようという彼女の母性愛は感動せずにはいられない。

ファンタジー設定ではあるものの、死に去った者たちが残った人々に伝える温かいメッセージ、つまり”愛”が胸に響くドラマだった。

キム・テヒ主演ドラマ『ハイバイ、ママ!』は2020年に放送された

2020年に放送された、キム・テヒ主演ドラマ『ハイバイ、ママ!』(画像出典:tvN)

一方、、RAIN(ピ)主演の『ゴースト・ドクター』は、神がかった医療技術を持つ傲慢な天才医師チャ・ヨンミン(RAIN(ピ))と、金持ちの家に生まれた不器用な研修医、コ・スンタク(キム・ボム)。バックグラウンドも実力も性格も正反対の2人の医師が、体を共有しながら繰り広げていくメディカルストーリー。

劇中、チャ・ヨンミンは突然の事故で昏睡状態となり、病院を放浪する。

ゴーストが人間界に入って来るようになったのは、コ・スンタクという人物の体を借りてだ。幼い時のショックでゴーストを見たコ・スンタクの体に、チャ・ヨンミンが憑依する。

医学書をすらすらと覚えるほど天才的であるものの、手術台の前に立つと固まってしまっていたコ・スンタクは、チャ・ヨンミンの憑依を通じて驚くべき医術を披露する存在になる。

実はチャ・ヨンミンがコ・スンタクの体を借りようとするのは、自分を昏睡状態に陥れた事件の真相を探すことだ。その陰謀を明らかにすると共に、組織内にはびこる”悪”を暴くべく奮闘する。

つまり、チャ・ヨンミンなるゴーストが発信しているのは、”真実”と”正義”と言えるだろう。

演技力までも通じ合ってる?RAIN(ピ)と女優キム・テヒ夫妻

RAIN(ピ)と女優キム・テヒ夫妻は、演技力までも通じ合ってる?(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:BAZAAR Instagramキャプチャー)

共に”ゴースト”を演じた、RAIN(ピ)とキム・テヒ。

ゴーストというファンタジー設定は、それ自体が非現実的であるため演技力が問われる。

しかし、キム・テヒは”母性”を強調することで、RAIN(ピ)はゴーストになって病院をさまよった状況を笑いに変換したコメディー演技を通じたことで、視聴者に没入感を持たせている。

夫婦は似ているというが、俳優としての腕前も似ている2人だ。







この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs