人気ドラマ『梨泰院クラス』、『夫婦の世界』でそれぞれ注目を浴びた俳優、アン・ボヒョンとハン・ソヒが、Netflixの新作『ネメシス』のオファーを受けているという。新進気鋭俳優の共演とあって多くの関心が寄せられている。

韓国JTBCドラマ『梨泰院クラス』にて、敵役である”長家(チャンガ)”グループの御曹司チャン・グンウォン役で、圧倒的な悪役のオーラを見せつけた俳優アン・ボヒョン。思わず目を覆いたくなるような卑劣さを緻密な演技で披露し、その高い演技力から目が離せない悪役として視聴者たちの視線を惹きつけた。

アン・ボヒョン

俳優アン・ボヒョン(画像出典:FNエンターテインメント公式HP)

ドラマを通じて世界的に大ブレイクを果たしたアン・ボヒョンに次回作のオファーが届けられた。

韓国メディアによると、アン・ボヒョンの所属事務所FNエンターテインメント側は「アン・ボヒョンがNetflixの期待作『ネメシス』に関するミーティングを行った」とし「まだ台本が全て出た状態ではないが、出演を検討中」と伝えたことを報じている。

アン・ボヒョンが扮する予定の配役は、柔道で韓国代表選手の有望株だった過去を持つ、刑事チョン・ピルド役だ。

ハンサムだが、強がりで見栄っ張り、さらには負けず嫌いと三拍子揃った純情マッチョな優しい男で、一見、ぶっきらぼうに見える彼だが、困っている人を放っておけないお節介焼きで、実は悲しい過去を抱えている。
柔道家として前途有望な人材だったが、ある事故によって人生のどん底に落ち、復讐のために刑事になった人物だ。

これに先立ち、同作品からオファーを受けていたのが女優ハン・ソヒだ。

ハン・ソヒ

女優ハン・ソヒ(画像出典:COSMOPOLITAN KOREA Instagram)

韓国でシンドロームを巻き起こしたJTBCドラマ『夫婦の世界』で、才色兼備の華麗な不倫女性役を演じ、ドラマ界に新しいキャラクターを誕生させたと称賛を浴びるのと同時に、その優れた演技力から”信じて見る俳優”と呼ばれる実力派へと成長し、広く知られた女優だ。

ハン・ソヒが扮するキャラクターは、死んだ父の復讐のために組織に入り、警察に潜入する美女アンダーカバー(スパイ)役だという。前作で妖艶な女性を演じたハン・ソヒとあって、今回の女スパイ役も高いシンクロ率が期待されている。

新進気鋭の俳優として大衆から多くの人気を集めている2人の出演が確定するのかどうか、早くも期待と注目を集めている状態だ。

Netflixが贈る期待の新作『ネメシス』は、組織の命令を受けて刑事になった女性アンダーカバーと、そんな女性を逮捕しなければならないベテラン刑事が恋に落ちる話だ。さらに、犯罪組織と広域捜査隊の組織暴力団専担チームの対決も描かれ、新しいアンダーカバー作品としてノワールとロマンスが描かれる新感覚ドラマ。

タイトルである『ネメシス』という言葉は、ギリシャ神話に登場する女神”ネメシス”を指すのと同時に、”義憤”、”天罰”、”天罰を加える人”、”強い相手”という意味が含まれている。この言葉が表すように、父親を殺害されたり、人生のどん底に突き落とされるといった暗い過去を背負った人々が、義憤を感じた相手に復讐を果たす過程を描いたスリリングなドラマが予想される。

一方、『ネメシス』は今月中に台本リーディングを行い、来月には撮影に突入するという。
演出をNetflixオリジナルシリーズ『人間レッスン』をヒットさせたキム・ジンミン監督が担当し、映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』、『朝鮮美女三銃士』などを執筆したキム・バダ作家が脚本を担当する予定だ。

圧倒的な存在感を放つ悪役を演じたアン・ボヒョンとハン・ソヒの2人が、次なる作品ではどのような主演へと転身するのか。彼らの発するケミに多くの期待が寄せられている。