6年振りにドラマ作品への出演が決定した、女優のチェ・ジョンユン。祝福ムードに包まれたカムバックだが、このご時世も手伝ってか、過去に起きた夫の不祥事にも視線が集まっている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国で美人女優と称賛を受けている、チェ・ジョンユン。
これまで、KBS『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち(2011)』、JTBC『私たち、恋してる(2014)』、SBS『清潭洞スキャンダル(2014)』など数多くの話題作に出演し、抜群の存在感を発揮してきた。

女優のチェ・ジョンユンが6年振りにブラウン管に戻ってくる

6年振りにブラウン管に戻ってくる、女優のチェ・ジョンユン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

チェ・ジョンユン、6年ぶりの復帰

そんな彼女が、6年振りにドラマの世界へと戻ってくる。

チェ・ジョンユンの出演が決定したのは、SBS『アモールパーティー(原題)』。本作は、絶望の淵に立った人々が再起を誓う”人生リセット”を描いたヒーリングドラマで、外見は優しそうだが意志が強いバツイチ女性と無一文のシングルファーザーが出会い、お互いの傷を癒していく”双方のリカバリーロマンス”だ。

劇中、チェ・ジョンユンは、バツイチ女性のト・ヨンヒ役を演じる。ヨンヒは従順な”内助の功”であったが、夫の浮気で覚醒した後、人生の転換期を迎える人物。チェ・ジョンユンは”私のいる私の人生”を生きていくト・ヨンヒとして、ぬくもりを伝える予定だ。

チェ・ジョンユンに対する冷ややかな視線の理由

ドラマ復帰を待ちわびていたファンからの喜びの声とともに、彼女に向けられたもう1つの視線。それは過去、チェ・ジョンユンの夫が犯した事件による冷ややかな視線だ。

チェ・ジョンユンの夫、ユン・テジュン氏は財閥家の一員であり、繊維・衣類メーカー社の2大株主でもあるというセレブな人物だ。
しかし、2017年4月に株価操作で40億ウォン余りの不当利益を得た容疑で逮捕され、同年9月に懲役3年を求刑された。その後、10月にソウル南部地裁で開かれた一審公判で、懲役1年6カ月、執行猶予3年、罰金5億ウォンを言い渡された後、釈放されている。

この影響を受け、チェ・ジョンユンはしばらく活動を中断し、2019年に女優活動を再開している。

夫の不祥事が付きまとってしまうチェ・ジョンユン。
しかし、冷ややかな視線を浴びるのは、このご時世ならではの皮肉な現象も手伝っている。

韓国ではコロナ禍により株価が上昇し、株ブームが巻き起こっている。その影響で個人投資家が増え、株式市場は異常な盛り上がりを見せているのだ。
そんな中、チェ・ジョンユンがドラマ復帰したことで、投資家たちは”株価操作事件”を思い出してしまい、思わず眉をひそめてしまったようだ。株ブームに水を差す存在との声も聞かれ、本人ではなく夫の不祥事ではあるが、世間的に大きな衝撃を与えていることが伺える。

一方で、様々な作品を通じて演技力を立証してきたチェ・ジョンユンが、久しぶりに視聴者と出会う今回の作品で、どのような姿を披露するのかと期待も集めている。

SBSの新朝ドラマ『アモールパーティー』は、4月12日月曜日の午前8時35分より放送予定だ。彼女の新たな活躍を見れば、付きまとう冷たい視線も一蹴されるに違いない。



人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース