ジャニーズの人気グループSnow Man(スノーマン)の楽曲が、BIGBANG(ビッグバン)やPSY(サイ)に酷似していると日本のメディアが報道。これに対する韓国のK-POPファンと、ジャニーズファンの反応は? (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

3月22日、日本のあるメディアでジャニーズ事務所の人気グループSnow Man(スノーマン)の楽曲が、K-POPファンの間で物議を醸していると報じられた。

Snow Manは、2012年に結成されたグループで、メンバー全員がアクロバットとダンスを得意としている。タッキー&翼、Kis-My-Ft2、A.B.C-Zなど、先輩グループのバックダンサーを務めながら、舞台『DREAM BOYS』や『滝沢歌舞伎』を中心に活動を続けており、2020年1月22日にシングル『D.D./Imitation Rain』でデビューを果たした。

彼らは、3月19日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション 2時間スペシャル』に出演し、『D.D.』のカップリング曲『Crazy F-R-E-S-H Beat』を披露。中毒性のあるリズムと、美しいフォーメーション、そしてメンバーたちの息の合ったパフォーマンスが視聴者の目をくぎ付けにした。

しかし、日本のメディアはSnow Manの楽曲を耳にした一部ファンの反応について「ネット上では『Crazy F-R-E-S-H Beat』が韓国のアーティストPSY(サイ)の『江南スタイル』や、人気グループBIGBANG(ビッグバン)の『FANTASTIC BABY』に酷似しているとの指摘が相次ぐ事態になった」と報道。

続けて「PSY、BIGBANG共に韓国の大手事務所YGエンターテインメントを代表するアーティストであることから(PSYは2018年に専属契約終了)、中には”ジャニーズはYGをオマージュしてるの?”といった声もある」と伝えている。

PSYの代表曲でお馴染みの『江南スタイル』

『江南スタイル』でお馴染みのPSY(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『FANTASTIC BABY』をヒットさせたBIGBANG

『FANTASTIC BABY』はBIGBANGの大ヒット曲(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

特に、日本を代表する芸能事務所であるジャニーズは韓国でも知名度と人気が高く、韓国でコンサートを開催すればチケットは完売し、彼らを一目見ようと空港にファンが詰めかけるなど、熱狂的ファンも多い。また、韓国のオンラインコミュニティーや韓国版ウィキペディアnamuwiki(ナムウィキ)でも各グループのページが作成され、ジャニーズに関する情報が日々溢れている。

その中でも、韓国のジャニーズファンが多く集まるコミュニティーサイト”theqoo“では、「BIGBANG、PSYに似ていると騒ぎが起こったSnow Man」というタイトルの掲示物が登場し、今回、日本メディアが報じた内容にネットユーザーたちが様々な反応を寄せている。

ここでは、コミュニティーサイト内に記載された反応の一部を紹介する。

以下、韓国ネットユーザーの反応

韓国ネットでは、PSYの『江南スタイル』や『DADDY』、BIGBANG『FANTASTIC BABY』に酷似している意見をベースに様々な意見が寄せられている。
(コメント出典:theqoo)

「過去のK-POP名曲をミックスしたね、めちゃくちゃに‥」

「『FANTASTIC BABY』と『江南スタイル』って結構古い曲なのに、今の日本のアイドルにインスピレーションを与えるなんて笑える」

「K-POP意識していると聞いていたが、これ程だとは‥」

「ある意味すごい! PSYとBIGBANGのミックスは韓国アイドルには無理だもん」

「EDM系のダンス曲だから、似たり寄ったり‥でもパフォーマンスとスタイルにガッカリ」

「曲のサビにSJ(スーパージュニア)もひとさし入れているね」

Snow Manのビジュアルやパフォーマンスを”品定め”する声も。

「本当に不思議だけど、なぜジャニーズなのにカッコよくないの?」

「日本人も聞かないと言われている、日本*ナムドルの現状」

*ナムドル:ナムジャアイドル(男性アイドル)の略称

「ジャニーズってイケメンの集いという感じがあったのに、誰でもよかったわけ?」

「長年持っていた”ジャニーズ”への憧れが幻になりつつある」

「パクられた側が恥ずかしいレベル」

「日本では人気アイドルランカーだって‥4位くらい」

「なぜ韓国アイドルが日本で人気なのか‥その理由が分かった」

(コメント翻訳・編集:Danmee編集部)




最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース