• ENA(Netflix)ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』が、韓国のGoogle Trends(グーグルトレンド)で、今年多かった検索ワード2位になった。
  • 主演パク・ウンビンはもちろんだが、彼女の上司役に扮したカン・ギヨンの好演も記憶に新しい。
  • そんな彼の、見事な変身ぶりが見られる新作映画をご紹介。

ENA(Netflix)ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(以下、ウ・ヨンウ)』が、韓国のGoogle Trends(グーグルトレンド)で今年2番目に多く検索されたワードになりました。

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』は、ENA(Netflix)ドラマ

ENA(Netflix)ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(画像出典:ENA)

2022年の韓国ドラマにおいて、最も話題性を獲得したと言っても過言ではないこの結果。高い人気ぶりを改めて立証しています。

そしてそんな作品で注目を浴びたのが主演のパク・ウンビン。彼女の演技は、連日各メディアで取り上げられ絶賛されました。

しかし実は彼女以外に、視聴者から好評を得た役者がいます。

ウ・ヨンウ(パク・ウンビン扮)の良き理解者である上司役、チョン・ミョンソクに扮したカン・ギヨンです。

カン・ギヨンは、『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』でパク・ウンビンの上司役に扮した

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』でパク・ウンビンの上司役に扮したカン・ギヨン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

自閉症スペクトラムを持つウ・ヨンウに対する偏見を捨て、彼女の弁護士としての実力を認めた上で、部下が困難に直面すると精一杯手助けするキャラクターを熱演。

その姿が我が子を守る父親のようだったことから、ドラマファンに“サブ男性主人公”ならぬ、“サブパパ”と呼ばれ愛されるように。

また、“ユニコーン上司”という愛称まで飛び出しました。なぜなら彼が、頭が切れて真面目、その上人柄も優れている現実には存在しないような人物像を見事に描き出したから。

カン・ギヨンは、心優しい上司役が好評を得た

心優しい上司役が好評を得たカン・ギヨン(画像出典:ASTORY 公式Twitter)

こうして心優しい理想の上司役で、人気と知名度を一気に手に入れたカン・ギヨン。

なんと次は、『ウ・ヨンウ』とは全く異なる役柄に変身してスクリーンに登場することが分かりました。

(関連記事)「キム秘書・・」パク・ソジュンの恋愛コーチ!魅力的な俳優 カン・ギヨンの新作とは

気になるその作品は、ヒョンビン主演の新作映画『交渉』。

『交渉』は新作映画

新作映画『交渉』(画像出典:naver movie)

物語は、最悪の拉致事件でタリバンの人質になった韓国人たちを助けるために、アフガニスタンに向かった外交官と現地の国家情報院要員の交渉作戦を描くストーリー。

カン・ギヨンは、アフガニスタンの路地裏で生き残った雑草のような韓国人イ・ボンハン役を担当、別名カシムに扮しています。

カシムは、アフガニスタン人と言っても分からないほど完璧に現地人になりきっており、公用語であるパシュトゥー語を唯一話せる人物。

賭け事と詐欺により収監された彼は、監獄から出してもらうのと引き換えに国家情報院要員のデシク(ヒョンビン扮)からの依頼で、交渉作戦に通訳として参加することに。断ることのできない立場に置かれ、拉致事件に巻き込まれるキャラクターです。

カン・ギヨンは、『交渉』でカシム役に扮した

『交渉』でカシム役に扮したカン・ギヨン(画像出典:PLUSMエンターテインメント)

映画の撮影地ヨルダンの人々も振り返ったと言われるほど完璧なビジュアルをはじめ、スリル溢れる状況下で見せる彼の切迫した演技が注目ポイントの1つだそうです。

ちなみに、『交渉』は韓国で2023年公開予定。日本に対し配給権が販売されたことは明らかとなっていますが、封切りに関しては現段階で分かっていることはありません。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(876件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs