生きとし生けるものは、必ず命に限りがある。この世に生を受けたものは‘死ぬまで生きる’ことが使命であるが、残念ながらそれが叶わなかった俳優たちがいる。ここではそんな5人の韓流スターを紹介する。(※享年年齢は日本基準によるもの)

イ・ウンジュ(이은주) 享年24歳

(写真提供:(c)スポーツ韓国)

彼女がこの世を去って、15年が経とうとしている。(写真提供:(c)スポーツ韓国)

映画に魅了され女優を目指し、高校生時に制服のイメージモデルに初めてメディアに登場。SBSドラマ‘白夜3.98(백야 3.98 / 主演 イ・ビョンホン / ハングル 이병헌)’で俳優として本格デビュー。翌年に映画‘紅鱒(송어)’で念願のスクリーンデビューを果たす。2000年には映画‘オー!スジョン(오! 수정)’で主役に抜擢され、韓国のアカデミー賞と謳われる‘大鐘賞映画祭 新人女優賞’を受賞、これが彼女の出世作となる。

そして2004年、チャン・ドンゴン(ハングル / 장동건)とウォンビン(ハングル / 원빈)演じる兄弟が、戦争に翻弄される悲劇を描いた作品映画‘ブラザーフッド(原題:太極旗翻して / ハングル 태극기 휘날리며)’に、チャン・ドンゴンの婚約者として出演。‘韓流四天王’の2人が主演映画であったため日本でも大ヒットを記録、彼女の名前も広く知られるようになった。しかし、ドラマに映画にと多忙を極めていた彼女は、この頃から心のバランスを崩し始めていた。

遺作となった映画‘スカーレットレター’

イ・ウンジュの遺作となった映画‘スカーレットレター’(画像出展:シネカノン)

4年ぶりに出演したドラマ‘火の鳥(ハングル 불새)’と、遺作となった映画‘スカーレットレター(ハングル 주홍글씨)’は同時期に撮影が行われたことに加え、‘スカーレット’の撮影が超ハードなもので、不眠症から重度のうつ病を患ってしまう。当時は現在ほど、心の病は重要視されていなかったため、周囲もさして気にとめていなかったという。

そして2005年の2月22日、自宅で首をくくって亡くなっていた彼女が実兄によって発見される。数日前にCM契約を締結したばかりだったこと、大学の卒業式に出席して笑顔を見せていたという証言があり、彼女の死は韓国芸能界に大きな衝撃を与えた。


イ・ウンジュ出演の’火の鳥’OST 因縁(動画出展:Youtube Blacksburg Kim

パク・ヨンハ(박용하) 享年32歳

1994年、高校在学中にドラマ‘テーマ劇場(ハングル 테마극장)’でデビュー。新人ながら高い演技力で認められ、コンスタントにドラマに出演、多くの演技大賞を受賞する。2002年にドラマ‘冬のソナタ’でぺ・ヨンジュンの恋敵役を演じると、翌年日本で‘冬ソナ旋風’が巻き起こり、ぺ・ヨンジュンとチェ・ジウと共に日本でも人気を博す。韓国では俳優として活動していたが、日本では主に歌手として活動していた。

今も多くのファンに愛されている

今も多くのファンに愛されているパク・ヨンハ(画像出展:パク・ヨンハ Instagram)

パク・ヨンハ曰く、自身が日本に入国すると多くのファンが押しかけて事故の危険が生じるため、羽田空港側から「パク・ヨンハの公開入国を禁じる」という方針を打ち出されたことがあるという、人気ゆえの驚愕エピソードだ。また、自身のホームページに悪質なコメントを書いたユーザーに連絡先を伝えて呼び出し、お酒を酌み交わして仲良くなったという豪快な一面も持ち合わせていた。

KBS2

日本で‘韓流第一次ブーム’を巻き起こした‘冬のソナタ’(画像出展:KBS2)

順調な芸能生活を送っていると思われていたが、2010年6月30日に自宅で遺体で発見される。考えられる原因として、末期の胃癌を患っていた実父の介護疲れや事務所経営のストレス、日本活動に対する国内の誹謗中傷などが挙げられている。火葬場には日本からも多くのファンが訪れ、現地メディアは自殺時以上にこれを大きく報道。現在も、毎年欠かさず遺族と両国のファンが集って追悼式が開かれている。


冬のソナタ(動画出展:Youtube Genie K

チョ・ミンギ(조민기) 享年52歳

在りし日のチョ・ミンギ

誰もが彼の罪を想像し得なかった。(写真提供:スポーツ韓国)

1982年より、舞台俳優として活動を開始。1991年に映画‘死の賛美’でスクリーンデビューすると、演技派俳優としてドラマや映画などで活躍する。ドラマ‘善徳女王’、‘蒼のピアニスト’、‘TWO WEEKS’、‘麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~’など、バイプレーヤーとして出演作が多い。また、2005年からは写真家としても活動を始め、フォトエッセーを発刊している。

遺作となった‘麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜’

最後のドラマ出演作‘麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜’(画像出展:SBS)

2001年から俳優活動と並行して、清州大学校演劇学科で兼任教授として教鞭を執り、2010年から正式に助教授、2015年には副教授として在籍。2018年2月、学生が匿名でセクハラの事実を暴露すると、これを「事実無根」と否定。しかしその後被害を訴える学生たちが次々と現れ、警察が捜査に着手することに。これを受けて大学へ辞表を提出したが、大学側はこれを受理せず、停職3カ月の処分を下す。

同年3月にわいせつ行為の容疑で出頭を命じられ「誠実に応じる」とマスコミへコメントを発表したが、3月9日、自宅マンションの地下倉庫で首を吊っていたところを夫人に発見され、救急車で運ばれ死亡が確認された。その後遺書が発見されたため、自殺と断定。公訴権なしで捜査を終結することとなった。しかし彼の死後も被害者が誹謗中傷に遭うなど、議論を呼んだ。


麗<レイ>~に出演したチョ・ミンギ(動画出展:Youtube Jack King

キム・ジュヒョク(김주혁) 享年45歳

2世俳優として、大学卒業後に映画‘都市秘話(ハングル 도시비화)’でデビュー。‘2世俳優は大成しない’というジンクスを打ち破り、映画やドラマだけでなく、バラエティーでも活躍。2005年に出演したドラマ‘プラハの恋人(ハングル 프라하의 연인)’は爆発的人気となり、日本でも放送されてその名が知られるように。2009年に来日し、単独ファンミーティングが開かれた。

‘プラハの恋人’で一躍人気俳優となった。

‘プラハの恋人’で一躍人気俳優となったキム・ジュヒョク。(写真提供:スポーツ韓国)

‘プラハの恋人’以降は、しばらく活動フィールドを映画に移していたが、2009年にワインを題材としたドラマ‘テロワール(ハングル 떼루아)’でテレビドラマに復帰。また、2013年にはバラエティー番組‘1泊2日 シーズン3(ハングル 1박 2일)’にレギュラー出演、‘グテン兄さん’と呼ばれ、番組の人気に一役買って、さらなる人気を呼んだ。

‘1泊2日’で新たな一面を見せた

‘1泊2日’で新たな一面を見せたキム・ジュヒョク(画像出展:KBS)

2017年10月30日、キム・ジュヒョクが運転していた車がアパートに衝突、階段の下に転覆するという事故が発生する。すぐさま病院に運ばれるが意識は回復することなく、頭部損傷により死亡が確認された。なぜこのような事故が起きてしまったのか、原因は未だに解明されていない。共演した著名人らは、突然の別れに戸惑いが隠せないとコメントし、韓国芸能界が大きな哀しみに包まれた。また2005年に映画‘青燕(ハングル 청연)’で共演した日本の女優、笛木優子(ユミン / ハングル 유민)は自身のインスタグラムで「東日本大震災の時、真っ先に連絡してくれた優しいお兄さん、忘れません」と哀悼した。


キム・ジュヒョク出演の’プラハの恋人’(動画出展:Youtube 블러썸

チョン・ミソン(전미선) 享年48歳

多くのアイドルの母役を担っていた。

ドラマで多くの母親役を担っていた。(写真提供:スポーツ韓国)

高校在学中にドラマ‘サンタクロースはいるのか(산타클로스는 있는가)’でデビューしており、映画とドラマを合わせると、出演本数は相当数に上る。また、不定期で舞台にも出演していた。映画‘8月のクリスマス(ハングル 8월의 크리스마스)’や‘殺人の追憶’(ハングル 살인의 추억)などの代表作はあるが、ドラマ‘製パン王キム・タック(ハングル 제빵왕 김탁구)’‘太陽を抱く月(ハングル 해를 품은 달)’‘蒼のピアニスト(ハングル )’‘六龍が飛ぶ(ハングル 다섯 손가락)’‘雲が描いた月明かり(ハングル 구르미 그린 달빛)’などで演じた母親役の印象が強い。

2005年に出演した映画‘恋愛’の監督と結婚、第一子を設けている。以前ドラマ‘アンダンテ~恋する速度~(ハングル 안단테)’ではEXO(ハングル 엑소)カイ(ハングル 카이)の母親役を演じ、息子と2人でEXOのコンサートを観に行ったというエピソードを披露している。

足を負傷していながらも演技を続けた。

‘下女たち’で足を負傷しながらも演技を続けた。(写真提供:スポーツ韓国 画像出展:ドラマハウス)

2019年6月29日に、あるホテルの客室で亡くなっている状態で発見されたと報道。けいさつの調査後に事務所から「うつ病を患っていたため、自ら命を絶った可能性がある」ことが伝えられた。死亡する前日には映画‘わが国の語音’のPRインタビュー収録を行っていたことが明らかになり、視聴者にもさらなる悲しみが広がった。


故チョン・ミソンを追悼する番組映像(動画出展:Youtube SBS Entertainment
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース