日本での韓ドラ人気を再燃させたtvN『愛の不試着』。多くの愛されキャラクターが誕生したが、中でも北朝鮮の最年少兵士クム・ウンドンを演じたタン・ジュンサンを記憶しているファンは多いのではないだろうか。新人俳優のイメージを持つタン・ジュンサンだが、実は今年デビュー11年目を迎えたベテラン俳優なのだ。

日本で爆発的人気を集めたtvN(Netflix)ドラマ『愛の不時着』から顔と名前を世間に広めたタン・ジュンサンは、今年デビュー11年目を迎えるキャリア俳優なのはご存じだろうか。そんな彼が、2021年にも話題ドラマに出演し、今注目を浴びている。

今後の活躍がますます楽しみなタン・ジュンサン

今後の活躍がますます楽しみな俳優のタン・ジュンサン。(画像出典:タン・ジュンサン 公式Instagram)

2003年生まれで、日本年齢で現在17歳であるタン・ジュンサンは、8歳の時にミュージカル『ビリー・エリオット』で俳優デビュー。以降、ミュージカル界で子役として『エリザベート』『レ・ミゼラブル』『ハムレット』等、多くの作品に出演している。

ミュージアム『アサシン』出演時、9歳のタン・ジュンサン

ミュージアム『アサシン』ビリー役で出演、9歳のタン・ジュンサン。(画像出典:タン・ジュンサン 公式Instagram)

2014年にはEBS子供ドラマ『プルート秘密結社隊』を通じてドラマ界へ進出、2016年にイム・シワンの主演映画『戦場のメロディ』でスクリーンデビューを果たしている。

デビュー以降、幅広いジャンルで、コンスタントに俳優活動続けてきた彼の名が、『愛の不時着』で広まると、主演ドラマの話が舞い込んでくる。その1つが、2021年上半期より配信が開始されたNetlix(ネットフリックス)オリジナルドラマ『ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です』だ。本作では、アスペルガー症候群を患っている青年ハン・グルとして、人間関係は苦手だが、遺品整理士として故人が伝えられなかった想いを、精一杯伝えるために心を尽くすキャラクターを熱演した。

(関連記事)Netflix 要注目ドラマ『ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士・・』の魅力に迫る

『愛の不時着』北朝鮮兵士メンバーと。

『愛の不時着』北朝鮮兵士メンバーと。仲の良さがうかがえる。一番右がタン・ジュンサン (画像出典:タン・ジュンサン 公式Instagram)

イ・ジェフンと並んで主演を務めた『ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です』

イ・ジェフンと並んで主演を務め反響のあった『ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です』。(画像出典:タン・ジュンサン 公式Instagram)

そしてメインキャストとして出演したもう1つの作品が、SBS(Netflix)『ラケット少年団』である。金に追われた父と、ソウルから海南まで妹とともにやってきた中学3年生のヘガン(タン・ジュンサン)。転校先の中学校には、廃部寸前のバドミントン部があり、部員はヘガンを入部させようと目論む。バドミントン部との勝負に負けたヘガンは、不本意ながらも入部し、バドミントン選手権大会に出場するのだが‥。

中学3年生のヘガン役を演じているタン・ジュンサン(左から2番目)。

18歳にして、中学3年生のヘガン役を演じているタン・ジュンサン(左から2番目)。(画像出典:タン・ジュンサン 公式Instagram)

18歳にして、10年以上のキャリアを持つタン・ジュンサン。演技力はすでに折り紙つきなだけに、今後の韓国俳優界を背負って立つことは間違いないだろう。すでに視聴者を魅了している彼が、これからどんな役に変身してお茶の間に登場してくれるのか、さらなる飛躍が楽しみである。




人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース