名誉消防士に任命されたパク・ヘジンの初任務が話題となった。

俳優パク・ヘジンが、消防庁名誉消防士に任命されてから初めての公式活動に乗り出す。パク・ヘジンは来る4月24日、大邱広域市EXCOで開かれる第16回国際消防安全博覧会に参加し、消防安全のための活動を行う。

パク・ヘジン

パク・ヘジン(写真提供:スポーツ韓国)

国際消防安全博覧会は、消防産業振興と発展を図り、国民の消防安全意識の浸透を目指し行われる、韓国唯一の消防安全専門博覧会だ。昨年11月に消防庁名誉消防士に任命されたパク・ヘジンは、実際にイベントに足を運んで、消防安全の広報活動に積極的に乗り出す計画だ。

2016年に消防士の父を持つファンとの縁で、消防士たちの苦労を知ったパク・ヘジンは、それ以降着実に消防士のための様々な広報と支援活動を行ってきた。

具体的には、負傷したり殉職した消防士を助ける資金を調達するために、消防士カレンダーにノーギャラでモデル出演したり、全国民大賞の消防安全広報映像にもノーギャラで出演。パク・ヘジンの事務所が制作費全額を後援したりしている。

このように消防士のための寄付やボランティア活動を積極的に行ってきたパク・ヘジンの功績を称えるため、消防庁は昨年11月19日にパク・ヘジンを名誉消防士に任命。本物の消防士になる栄誉を抱いた。

一方、パク・ヘジンは次期作であるドラマ「シークレット」(仮題)の撮影を控えている。パク・ヘジンは今回のドラマで、119特殊救助隊員である主人公カン・サンヒョク役を演じる。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]