昨年8月に俳優 アン・ジェヒョンとの離婚問題で話題となった女優のク・ヘソン。9日インスタグラムを更新した彼女だが、現在彼女の投稿を見た人々からは心配の声が相次いで聞かれている。彼女が人々の心配を呼んだその理由とは?

女優のク・ヘソン(ハングル 구혜성)のインスタグラムの投稿に心配の声が上がっている。

昨年8月、俳優アン・ジェヒョン(ハングル안재현)との離婚問題で話題となった女優のク・ヘソン。
インスタグラムを通じての過激な暴露戦を繰り広げた彼女は一時期多くの批判の声を浴びていた。

しかし、インタビューを通じて自身の現在の心境や離婚問題の裏側を明かすことによってネットからは彼女に共感した等という支持の声も聞かれるようになっていた。
そのような状況の中で、9日未明に更新された彼女のインスタグラムを見た人々からは現在心配の声が集まっている。

この日、ミステリアスな眼差しが印象的なセルフショット共に「私はクァンジョン(=관종)です。愛してくださいい」という文章を投稿した彼女。

インスタグラムの投稿に心配の声が集まっているク・ヘソン

ク・ヘソンが投稿の中で用いた’관종’の意味とは一体?(出典:ク・ヘソン公式INSTAGRAM)

彼女の投稿文の中で見られた관종(クァンジョン)という単語は関心を集めたい種族を意味する관종종족(クァンジョンチョンジョク)を略した言葉であり、“人々の関心を集めようと過激な行動をとる人”を現わす際に用いられる。

その意味合いからは当文章はク・ヘソンが自分自身を卑下しているようにも感じられ、ネット上からは

「なんだか“助けて”、“辛い”って言っているように感じられる…」
「違和感を感じているのは私だけじゃないよね?ク・ヘソンは今周囲の人達に助けて貰わなければいけない状態だと思う」
「悪い意味では無く、ク・ヘソンは専門機関に相談した方が良いと思う。本当に心配」
「一度インスタグラムから離れた方がいい」
「どうか良くない考えだけはしないでこんなに美しく生まれた事に感謝して生きて欲しい。心から応援してる」

という彼女の現在の精神状況を心配する声が多く聞かれている。

しかし、その一方では「クァンジョンなら悪質コメントが書かれてもいいでしょ?」などという、とんでもない理由から彼女に対する悪質なコメントを書き込む人の姿も見られている。
このような心無い書き込みに対し、現在多くの人々からは怒りの声が聞かれている。

同日午前10時頃には再度自身を“관종”と称したインスタグラムの投稿を行ったク・ヘソン。

インスタグラムの投稿に心配の声が集まっているク・ヘソン

同日中に再び自分自身を관종と称した投稿を行ったク・ヘソン(出典:ク・ヘソン公式INSTAGRAM)

当投稿のコメント欄には彼女の一日の幸せを祈る声や彼女自身を肯定する声が多く見られた。

彼女がどのような意味合いでこの’관종’という言葉を使っているのかという真意は彼女自身にしか分からないが、上記のコメントからは彼女が自身を卑下するような言葉を使わないようになることを祈る人が多く存在することがうかがえる。