JTBCドラマ「梨泰院クラス(原題 이태원 클라쓰)」が4話目にして視聴率10%を超えたことで話題となる中、俳優パク・ソジュン(ハングル 박서준)がドラマの制作発表会で発言した’公約’が注目を浴びている。

JTBCドラマ「梨泰院クラス(イテウォンクラス 原題 이태원 클라쓰)」に出演中の俳優パク・ソジュン(ハングル 박서준)の’公約’が話題を集めている。

ドラマ「梨泰院クラス」に出演中の俳優 パク・ソジュン

ドラマ「梨泰院クラス」に出演中の俳優 パク・ソジュン(写真提供:©スポーツ韓国)

去る1月31日より放送がスタートしたドラマ「梨泰院クラス」。

初回から好スタートを見せ、多くの視聴者から高評価を得ている当ドラマは、8日に放送された4話で、全国基準9.4%、首都圏基準10.7%(ニルスンコリア、有料世帯基準)の視聴率を記録し自己最高視聴率を更新した。

これにより、制作発表会でのパク・ソジュンの発言が話題に持ち上がった。

パク・ソジュンは、1月30日に行われた制作発表会で「目標視聴率と公約は?」という質問に対し、「まず、2桁は出てほしいです。10%なら本当にとても満足すると思います」とし、「(視聴率が)2桁になったら、視聴者の方と共に屋台で一杯する時間を持てたらいい」と話したことがある。

今回4話目にして視聴率が10%を超えたため、パク・ソジュンの掲げた公約が実現されるのか、視聴者は期待の声を挙げている。

一方、ドラマ「梨泰院クラス」は不合理な世界の中で、こだわりと客気で集まった若者たちの’ヒップ’な反乱を描いたドラマで、パク・ソジュンは劇中妥協をしない熱血青年パク・セロイ役を演じる。