• 主人公の幼少期や子ども役を演じる「子役」。
  • 日本のドラマに比べ、韓国ドラマでは出演頻度が高く、今年上半期も多くの子役たちが活躍しました。
  • そこで今回は、2024年上半期に大活躍した注目の韓国子役5人をご紹介!

1本のドラマを作り上げるうえで必要不可欠な存在といえば、劇の盛り上げ役である「役者」。

その中でも、主人公の幼少期や子ども役などを務める「子役」は未就学児から小学生、中学生と幼い年齢ながら大人に引けを取らない迫真の演技で多くの視聴者を魅了しています。

そして韓国ドラマといえば「子役」の出演頻度が日本のドラマに比べ高く、今年上半期に本国で放送された最新韓ドラでも多くの子役が活躍。

韓流スターの幼少期を演じるという重役を担った子役や、同時期に放送された数々の作品で主人公の幼少期役として出演した子役も。

そこで今回、2024年上半期に大活躍した注目の韓国子役5人をご紹介!どこかで観たことあるという人物がいるかもしれません。

チャン・ソンニュル (장선율/Jang Seon Yul)

2024年上半期に活躍した韓国子役の1人目は、今年11歳を迎えるチャン・ソンニュル。

チャン・ソンニュル (画像出典:namuwiki)

2018年にドラマ『マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~』(MBC)でデビューした彼は、これまで『ただひとつの愛』(KBS/2019)や『ハイクラス~偽りの楽園』(tvN/2021)、『デリバリーマン~幽霊専門タクシー始めました~』(Genie TV/2023)など計14本のドラマに出演してきました。

中でも学園ドラマを描いた『トキメク☆君との未来図』(KBS/2021~2022)でキム・ヨハン(WEi)の幼少期役、『ジンクスの恋人』(KBS/2022)ではナ・イヌの幼少期役を務め、今年は『財閥 x 刑事』でアン・ボヒョン演じる財閥3世の刑事チン・イスの幼少期役を演じ注目を集めています。

●生年月日:2013年8月12日生まれ
●血液型:A型
●デビュー作:『マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~』(MBC/2018) ホヨン役
●公式Instagram:seonyul2013

ソ・ウジン (서우진/Seo Woo Jin)

2人目は、2017年にドラマ『ゴー・バック夫婦』(KBS/2017)で子役デビューしたソ・ウジン。現在8歳になります。(今年で9歳)

ソ・ウジン (画像出典:namuwiki)

ソ・ウジンという名前を聞いてご存じの方もいるかと思いますが、2020年放送の『ハイバイ、ママ!』(tvN)でキム・テヒ演じるチャ・ユリの娘チョ・ソウ役を熱演し、一躍有名子役に。

全国最高視聴率38.2%をマークした『紳士とお嬢さん』(KBS/2021~2022)では、チ・ヒョヌ扮するイ・ヨングクの末息子イ・セジョン役を務めさらに名が知られるようになった彼は今年、1月公開の『ドクタースランプ』(JTBC)でパク・ヒョンシクの幼少期、『ウエディング・インポッシブル』(tvN)でナ・アジョン(チョン・ジョンソ扮)の甥チョ・ジオ役、そして『ザ・ミッドナイトスタジオ ~恋人は訳ありカメラマン~』(ENA)では、第2話にイム・ユネ、イム・ユンダルの1人2役を務めました。

●生年月日:2015年7月23日生まれ
●デビュー作:『ゴー・バック夫婦』(KBS/2017)
●公式Instagram:_angel_elijah_

ク・ヒョン (구현/Gu Hyun)

3人目にご紹介する2024年上半期注目の子役は、これまでカン・ハヌル、チュウォンら韓流スターたちの幼少期役を演じてきたク・ヒョン。

ク・ヒョン (画像出典:namuwiki)

今年で10歳を迎える彼は、2021年から2022年に韓国KBSで放送された『太宗イ・バンウォン~龍の国~』でドラマデビューを果たしました。

そして2024年上半期、『ウエディング・インポッシブル』(tvN)でムン・サンミン扮するイ・ジハンの幼少期、『予期せぬ相続者』(STAR)でイ・ジュニョンの幼少期、『ザ・ミッドナイトスタジオ ~恋人は訳ありカメラマン~』(ENA)でチュウォンの幼少期、そして『むやみに接してくれ』(原題:함부로 대해줘)(KBS)ではキム・ミョンス(INFINITE エル)の幼少期役を演じました。

現在、今年下半期放送予定の時代劇『元敬』(原題:원경)(tvN)と、来年公開予定のNetflixオリジナルドラマ『トリガー』(原題:트리거)への出演が確定しています。

●生年月日:2014年9月1日生まれ
●デビュー作:『太宗イ・バンウォン~龍の国~』(KBS/2021~2022) 世宗役
●公式Instagram:guhyun0901

チョン・ヒョンジュン (정현준/Jeong Hyeon-Jun)

4人目は「第72回カンヌ国際映画祭」で最高賞となるパルムドールを受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』でIT企業の社長パク・ドンイクの息子パク・ダソン役を務めたチョン・ヒョンジンをご紹介します。

チョン・ヒョンジュン (画像出典:namuwiki)

2011年生まれのチョン・ヒョンジンは、2016年に広告デビューした後2017年にMBC『あなたはひどいです』で初ドラマ出演。

その後、パク・ミニョン主演の『七日の王妃』(KBS/2017)や『生まれ変わってもよろしく』(tvN/2023)、『輝くウォーターメロン~僕らをつなぐ恋うた~』(tvN/2023)など数々のヒット作で名演技を繰り広げました。

今年はMBNの時代劇『世子が消えた』(原題:세자가 사라졌다)でEXOのスホ演じるイ・ゴンの幼少期、『財閥 x 刑事』ではアン・ボヒョンの少年時代を務めました。

●生年月日:2011年11月8日生まれ
●デビュー作:『あなたはひどいです』(MBC/2017) ヨン・ジフン役
●公式Instagram:hyeonjun_mama

ムン・ソンヒョン (문성현/Moon Seonghyun)

最後にご紹介する人物は、今年6月2日で18歳を迎えたムン・ソンヒョン。

ムン・ソンヒョン (画像出典:FNCエンターテインメント)

2021年に韓国KBSドラマ『こんにちは? 私だよ!』でデビューした彼は、ソン・ジュンギ主演の『ヴィンチェンツォ』(tvN/2021)でテギョン(2PM)の少年役、『海街チャチャチャ』(tvN/2021)でキム・ソンホの少年役、『恋人~あの日聞いた花の咲く音~』ではナムグン・ミンの少年役とこれまで韓流スターたちの少年時代を演じてきました。

そして今年、あの大ヒットドラマ『愛の不時着』(tvN/2019~2020)を超える視聴率を獲得した『涙の女王』(tvN)でキム・スヒョンの少年時代、現在韓国KBS・KBS Worldで放送中の『美女と純情男』ではチ・ヒョヌの少年時代を務めています。

これまで韓流スターたちの少年時代という脇役が多かったムン・ソンヒョンですが、去る4月29日公開の『理事長は不良高校生!?』では主人公のナ・イス役に抜擢されました。

●生年月日:2006年6月2日生まれ
●血液型:O型
●所属事務所:FNCエンターテインメント
●デビュー作:『こんにちは? 私だよ!』(KBS/2021) チェ・ソンウ役
●公式Instagram:seonghyunmoon_

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2488件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs