• 『ソンジェ背負って走れ』(tvN/2024)で、大ブレイク中のピョン・ウソクの過去が話題だ。
  • 彼は、オーディションに100回以上落ち続けても、諦めることなくまい進し続けてきた。
  • デビュー15年目にして無名時代から脱却した、ピョン・ウソクの役者人生を紹介する。
ピョン・ウソクは、意外な過去が熱い視線を浴びている

意外な過去が熱い視線を浴びているピョン・ウソク(画像出典:tvN)

ピョン・ウソクの意外な過去が熱い視線を浴びている。

彼といえば、話題の新作ドラマ『ソンジェ背負って走れ』(tvN/2024)で主演を務め、大ブレイク中。現在、韓国で最もホットな俳優だ。

189cmという高身長に小さな顔が特徴で、大きな手や吸い込まれそうな美しい目が世の女性を虜にしている。役者になるべくしてなったと言っても過言ではないほどのルックスの持ち主だ。

しかし実はデビュー15年目にして、『ソンジェ背負って走れ』をきかっけにやっと無名時代から脱却した遅咲きの俳優。幾度となく打ちひしがれながらも諦めなかった彼のサクセスストーリーを一部紹介する。

モデルから俳優へ

高校生の頃から身長の高かったピョン・ウソクは、両親の勧めで高校卒業後にモデルの世界へ。2010年から活動をスタートし、兵役を終えた後2014年~2017年までファッションモデルとして本格的に活躍、数多くのショーでランウェイを飾った。

ピョン・ウソクはランウェイを歩く

ランウェイを歩くピョン・ウソク(画像出典:YG KPLUS)

そんななか、2016年にtvNドラマ『ディア・マイ・フレンズ』で役者デビューを果たす。

その後、『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』(SBS/2016)、『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~』(MBC/2016)、『医心伝心~脈あり!恋あり?~』(tvN/2017)に出演。

いずれも脇役ではあったものの演技活動を開始して以降、立て続けに4本の人気ドラマに携わった。

オーディションに落ち続けた日々

俳優として順調なスタートを切ったかのように見えるが、実はこの頃オーディションに落ち続けていたのだとか。

なんとその回数は100回以上。過去に受けたインタビューで、「ここまで落ち続けるものなのかと思うほど毎回落ちた」と明かしており、「4~5年以内に俳優としての地位を確立するのは無理だ」と酷評を受け深く傷ついたこともあったという。

ピョン・ウソクは、『サロンドリップ2』で役を降ろされたエピソードを語った

『サロンドリップ2』で役を降ろされたエピソードを語ったピョン・ウソク(画像出典:YouTubeチャンネル『TEO』映像キャプチャー)

また、5月27日に公開されたウェブバラエティー『サロンドリップ2』にゲスト出演した際には、ある作品の重要な役にキャスティングされていたものの、台本のリーディングをした翌日に役を外されたエピソードを語り、一生懸命やっているのに認めてもらえなかった苦悩を吐露した。

役者人生に一筋の光が見えはじめた『コッパダン~恋する仲人~』

日の目を見ることのできない期間は続いていたが、役者を諦めなかったピョン・ウソク。

2017年頃からは、ウェブドラマやケーブルテレビなどで主演を任されるようになっていく。メインキャストが複数いる中の1人だが、少しずつ頭角を現わし始めた。

ピョン・ウソクは、『コッパダン~恋する仲人~』で女性視聴者を虜にした

『コッパダン~恋する仲人~』で女性視聴者を虜にしたピョン・ウソク(画像出典:JTBC)

中でも『コッパダン~恋する仲人~』(JTBC/2019)で、一見ひょうひょうとした遊び人のように見えるが、実は複雑な過去を持つ難しいキャラクターを立体的に演じて女性視聴者を虜にした。

『青春の記録』から『ソンジェ背負って走れ』まで

こうして『コッパダン~恋する仲人~』で好評を得た彼は、翌年『青春の記録』(tvN/2020)で一目置かれる存在に。

スター俳優パク・ボゴムに引けをとらない存在感を放って物語を大いに盛り上げた。日本の韓ドラファンの中にも、本作をきかっけに彼の存在を知った人は多いのではないだろうか。

モデル兼俳優というキャラクターで、両親の力を借りずに自立しようとする若者の成長痛をリアリティーたっぷりに描き出していた。

『青春の記録』は、ピョン・ウソクが一目置かれるようになったドラマ

ピョン・ウソクが一目置かれるようになったドラマ『青春の記録』(画像出典:tvN)

そして昨年は、『力の強い女カン・ナムスン』(JTBC/2023)で、初の悪役に挑戦。サイコパスな一面を持つ一方で、人との強い繋がりを求める二面性のある役を見事に演じきってさらに知名度をアップすることに成功する。

あとはみなさんのよく知るとおり。本国でドラマが話題性1位に君臨するなど、日本でも高い支持を得て『ソンジェ背負って走れ』で大ブレイクを迎えた。まさに今を輝く俳優だ。

オーディションに落ちようとも、厳しい言葉をかけられようとも最後まで諦めなかったピョン・ウソク。

前だけを見て突き進む彼が、今後韓国のドラマ界でどのような活躍していくのか、期待しているファンは多いだろう。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(944件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs