T-ARA(ティアラ)の元メンバー、ソヨンの居住地に訪ねてきた30代男性が、住居侵入容疑で検察に送致されている事が分かった。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

T-ARA出身のソヨンが、災難に遭っていた事が明らかになった。

不在で難を逃れたソヨン

不在で被害に遭わずに済んだソヨン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月8日、韓国メディア『聯合ニュース』によると、ソウル江南(カンナム)警察署は、ソヨンの住居地を訪ねて来た30代男性A容疑者が、住居侵入容疑で検察に送致されたと報じている。

先月10日にA容疑者は、ソヨンが住んでいる江南区の共同住宅の廊下に侵入。各部屋の呼び鈴を鳴らし、ソヨンを探していたという。その後、通報を受けて出動した警察により、身柄を確保された。

当時ソヨンは不在だったため、容疑者とは対面していないと伝えられている。

これに先立ち、ソヨンは数年間ストーカーから殺害脅迫などの嫌がらせを受けていたが、A容疑者は関連犯行には及んでいないことが確認された。

先日はT-ARAメンバーのジヨンが、殺害予告などの被害を受けた事が報じられたばかりだった。

(関連記事)T-ARAジヨンに執拗な殺害脅迫‥証拠を集め警察へ捜査要請

ソヨン側は「類似犯罪を繰り返せば、ストーキング関連容疑で別途告訴する」と立場を発表した。

ソヨンは2009年にT-ARAのメンバーとしてデビュー。

最近、バラード曲『It’s all the same』をリリースしている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース