韓国のイシューメーカーとして知られているハン・ソヒとチョン・ダウン。今年の10月に同性熱愛説などで話題になり世間を騒がせたが、今度は衝撃的な暴行を暴露。ネットユーザーたちは「嫌なニュースは聞きたくない。このような行動は辞めて、ただみんな幸せでいて欲しい」などという意見を寄せている。

歌手で練習生出身のハン・ソヒ(ハングル 한서희)が、コメディTV「オルチャン時代7(얼짱시대7)」に出演して名前を知らせたチョン・ダウン(ハングル 정다은)に対する暴露文を掲載し、関心が集まっている。

ハン・ソヒは12月12日、自身のインスタグラムのストーリーにSNSで誰かと会話をしている内容の一部をキャプチャーして投稿した。

チョンダウンからの暴行を暴露したハンソヒ

チョン・ダウンからの暴行を暴露したハン・ソヒ(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

公開された会話の内容には、ハン・ソヒが「オン二(お姉さん)、チョン・ダウンが私を殺そうとするんだけど、どうする?そんなことをしておきながら“悪かった”って泣くんだけど。私、どんどん精神的におかしくなりそう」というメッセージを送った。

引き続き「首を絞めながら自分の手で殺してあげるって。死にたいとは言ったけど、ただ疲れて死にたいと言っただけで。そんなことってある?ちょっと助けて」と付け加えた。

また「私を床で横にさせて首を絞めながら“私が殺してあげる。私の手で死ね××女(悪口)”って言ったの。こんなことって常識的に理解できる?」と話している。

ハン・ソヒは、このメッセージと共にアザが出来て腫れている指の写真を公開した。

アザが出来て腫れている指の写真

アザが出来て腫れている指の写真..(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

該当の投稿文と写真が瞬く間に拡散されて、ネットユーザーの間で論議が広がると、すぐにハン・ソヒは「心配しないで。大した事ないから。顔は手でかばったから顔は大丈夫。でも頭と首がちょっと痛いだけだから。私は強いから心配しなくても大丈夫」という文を掲載した。

ハン・ソヒの投稿を見た一部のネットユーザーたちは「もう嫌なニュースは聞きたくない。ただみんな幸せでいて欲しい」という意見や、「ハン・ソヒは何を望んでいるの。本当に首を絞められて殺されそうならSNSではなく警察に通報すればいいのに。命が脅かされている状況でもイシューメーカーになりたいのですか?」とし「静かになったと思ったら、また出てきた。お互いにやり合う日が来ると思っていましたよ」など厳しく冷たい意見が多く見受けられた。

一方、ハン・ソヒは過去に大麻を吸引した容疑で、2017年9月にソウル高等地裁から懲役3年・執行猶予4年を言い渡された。

また、チョン・ダウンは「オルチャン時代7」に出演して“男性よりも男前”と言われて顔を知らせ、2016年に知人たちとヒロポンなどを投薬した容疑で懲役1年10ヶ月を言い渡されたことがあり、二人は今年10月に同性熱愛説が浮上して話題を集めた。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。