BTOBのメンバーチョン・イルフンが大麻などの薬物を使用していたと報じられた中、今年9月に韓国SBSで放送された番組内の麻薬の取り引き現場の状況が再注目されている。

チョン・イルフン

BTOBのメンバー チョン・イルフン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

人気グループBTOBのメンバー チョン・イルフンが、常習的に大麻などの薬物を使用していたとして警察の捜査を受けていたことが分かった。

12月21日、警察などの発表によると、ソウル・警察庁広域捜査隊は今年7月、チョン・イルフンに麻薬類管理に関する法律違反の容疑などを適用して捜査を行い、送致。チョン・イルフンは仮想通過を利用して第三者などから麻薬を手に入れ、使用していたと報じられた。

この報道により、今年9月、韓国SBSの追跡報道番組『それが知りたい』で放送された有名芸能人の麻薬の取り引き状況が再注目されている。

有名芸能人の麻薬の取り引き状況が報じられた韓国SBSの追跡報道番組『それが知りたい』

韓国SBSの追跡報道番組『それが知りたい』では有名芸能人の麻薬の取り引き状況が報じられた(画像出典:SBS『それが知りたい』official HP)

『それが知りたい』は、過去にクラブバーニングサン事件や、音源買い占め疑惑、芸能人の死の裏に隠された真実、政治スキャンダルなど不可解な事件を追及したり、暴露ネタなどを放送し、社会的なイシューを作ってきた番組だ。

9月12日に放送された内容では、元麻薬流通業者である人物が番組制作スタッフと会い、麻薬の取り引きをした芸能人の個人情報(パスポートなどの身分証と推定される)を公開し、「芸能人だ。大衆に良く知られた芸能人だと推定される。これは、マネージャーから譲ってもらった資料だ」と説明し、有名芸能人の麻薬取り引きの実態に光を当てた。

だが、該当の芸能人が麻薬の取り引き、または投薬容疑で法的処罰を受けたのかは放送を通じて確認されなかったため、この芸能人が一体誰だったのか関心が傾いていた。その矢先にチョン・イルフンの薬物疑惑が報じられ、芸能界に充満している麻薬という闇に世間の関心が集中している。

『それが知りたい』とチョン・イルフンの繋がりは確認されていないが、番組内では複数の著名人の身元情報が公開されていたようで、韓国のネットユーザーの間では「バーニングサン事件のように、再び麻薬ゲートが開くかもしれない」「麻薬を使用している芸能人が次々と浮上するのだろうか。芸能界を揺るがすことになりそうだ」などと囁かれている。

昨年は、クラブバーニングサン事件によって、有名歌手や財閥の令嬢などの麻薬の使用容疑が洗いざらしとなり、ネット上では魔女狩りが行われて脱退を余儀なくされたアイドルもいた。

常習賭博にスターの他界、麻薬の使用など悪材料が立て続け溢れ、ファンを憂鬱にさせている韓国芸能界。バーニングサン事件の悪夢である麻薬ゲートが再び開き、年末年始を騒がせることになるのか。ネットユーザーたちは固唾を呑みながら、今後の状況を見守っている。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国社会 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース