2019年にMnetが放送したアイドルオーディション番組『PRODUCE X 101』から生まれた11人組ボーイズグループX1(エックスワン)。5年の活動期間を予告していながら、デビュー後たった4カ月で解散してしまったX1のメンバー11人の現在が気になっている人もいるのではないだろうか。

日中韓ガールズグループのデビュープロジェクトMnet『GIRLS PLANET 999』が、8月の初放送を前にティーザー映像を公開し、話題を集めている。

(関連記事)“日中韓ガールズグループ” デビュープロジェクト ‘GIRLS PLANET 999’ 8月初放送決定

Mnetはこれまでもアイドルオーディション番組として『PRODUCE(プロデュース)]』シリーズを放送し、高視聴率を誇る人気番組となっていたが、昨年は『PRODUCE 48』と『PRODUCE X 101』で最終デビューメンバーと順位、得票率を操作したことで番組を手掛けたPDらが刑事処罰を受ける事態に。

そんなMnetがふたたび似たような番組を放送することに対し、不満の声も上がっているようだ。

Mnet『GIRLS PLANET 999』は8月より放送がスタートする

8月より放送がスタートする、日中韓ガールズグループのデビュープロジェクトMnet『GIRLS PLANET 999』(画像出典:Mnet K-POP YouTube)

この”順位操作騒動”で、1番被害を被ったと言われているのは、2019年5月から7月まで放送されたMnet『PRODUCE X 101』から生まれた11人組ボーイズグループX1(エックスワン)だ。

2019年8月27日にデビューし、5年間の活動が予定されていたものの、この”順位操作騒動”が原因で約4カ月後の2020年1月6日に電撃解散となった。

本人たちも寝耳に水状況での解散に、11人のメンバーが解散後どうなったか気になっている人もいるだろう。

X1は『PRODUCE X 101』から誕生した

『PRODUCE X 101』から誕生したX1(画像出典:X1公式Twitter)

最終順位1位だったキム・ヨハンは、解散から約8カ月後の8月25日にOUIエンターテインメントからソロデビューを果たし、10月5日には、6人組ボーイズグループWEi(ウィーアイ)のメンバーとしてデビューしている。

最近では、先月29日に放送されたMBCのバラエティー番組『全知的おせっかい視点』にゲスト出演し、マネージャーとの日常を公開。2人の妹に対し、未来の彼氏に手厳しいメッセージを送るなどの”兄バカ”ぶりも見せ、視聴者を楽しませた。

キム・ヨハンはWEiのメンバーとして活躍中

WEiのメンバーとして活躍中のキム・ヨハン(左から3番目)(画像出典:WEi公式FaceBook)

キム・ウソクは、UP10TION(アップテンション)の活動を中断しX1として5年間活動予定だったが、解散から約4カ月後の5月25日にソロデビューを果たす。

同年8月にウェブドラマ『TWENTY×TWENTY~ハタチの恋~』に主演し、今年2月には2枚目のアルバム『2nd DESIRE [TASTY]』をリリースするなど、ソロ活動に力を入れているようだ。

ソロ活動を中心に行っているキム・ウソク

UP10TIONのメンバー キム・ウソク。現在はソロ活動を中心に行っている(画像出典:キム・ウソク公式Twitter)

ハン・スンウは、X1解散後、翌2月にソロファンミーティングを開催。そして3月初めには元々のグループVICTON(ビクトン)に合流し、カムバックを果たしている。先日、7月26日に入隊することが発表された。

6月28日に2ndソロミニアルバムを発売するハン・スンウ

入隊を控えているVICTONのメンバー ハン・スンウ(左から3番目)は、6月28日に2ndソロミニアルバムを発売する(画像出典:VICTON公式Twitter)

ソン・ヒョンジュンとカン・ミニはX1解散から約3カ月後の4月14日、STARSHIP(スターシップ)エンターテインメントから9人組ボーイズグループCRAVITY(クレビティ)のメンバーとしてデビューした。

デビューアルバムは10万枚超えの人気で、2ndミニアルバムはGAONやHANTEOチャートの週間アルバムチャートで1位、日本でもタワーレコードの総合アルバム週間チャートで1位を獲得。2020年の音楽関連授賞式では複数新人賞を受賞するなど、ネクストブレイクアイドルとしての期待が高いグループの1つでもある。

カン・ミニとソン・ヒョンジュンはCRAVITYとしてデビュー

CRAVITYとしてデビューしたカン・ミニ(上段左)とソン・ヒョンジュン(下段右から2番目)(画像出典:CRAVITY公式Twitter)

チョ・スンヨンはX1解散後、所属事務所YUE HUA (ウィエファ)エンターテインメントから”WOODZ”名義でソロ活動をスタートさせた。彼は中韓合同5人組男性アイドルグループUNIQ(ユニーク)のメンバーでもあるが、限韓令により活動が困難になってからは、ほかのメンバーもソロ活動がメインになっているようだ。

"WOODZ"名義でソロ活動中のチョ・スンヨン

チョ・スンヨンは”WOODZ”名義でソロ活動中(画像出典:チョ・スンヨン公式Twitter)

ソン・ドンピョはX1解散後、DSPメディアに所属しながらVlive(ブイライブ)やYouTube(ユーチューブ)などをメインに活動。昨年11月には、オンラインソロファンミーティングを行うなど、ソロアーティストとして活動していたが、今年3月17日にボーイズグループ『未来少年(MIRAE)』のメンバーとしてデビューした。

未来少年のメンバーとしてデビューしたソン・ドンピョ

ソン・ドンピョ(下段左)は未来少年のメンバーとしてデビュー(画像出典:未来少年 公式Twitter)

イ・ハンギョルとナム・ドヒョンはX1解散後、4月にMBKエンターテインメント所属の男性ユニットH&Dとして共にデビュー。そして11月19日、9人組ボーイズグループBAE173(ビーエーイー173)のメンバーとしてデビューしている。

イ・ハンギョルとナム・ドヒョンはBAE173のメンバー

BAE173のイ・ハンギョル(上段左から3番目)とナム・ドヒョン(上段右)(画像出典:BAE173公式Twitter)

チャ・ジュノはX1解散後、Woollim(ウリム)エンターテインメント所属7人組ボーイズグループDRIPPIN(ドリッピン)のメンバーとしてデビューした。

チャ・ジュノはDRIPPINのメンバー

DRIPPINのメンバー チャ・ジュノ(左から4番目)(画像出典:DRIPPIN公式Twitter)

イ・ウンサンはX1解散後、所属事務所BRANDNEW MUSIC(ブランニューミュージック)の練習生に戻り、8月31日、1stシングル『Beautiful Scar』でソロデビューを果たしている。

イ・ウンサンはBRANDNEW MUSICの練習生に戻った

BRANDNEW MUSICの練習生に戻ったイ・ウンサン(画像出典:イ・ウンサン公式Twitter)

グループは違えど、それぞれがそれぞれの道をしっかり歩いている11人。これからのK-POP界を担うアーティストとしての成長を、たくさんのファンが見守っている。




人気ニュース

X1 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース