Wanna One(ワナワン)のキム・ジェファンの個人情報が流出する事故が発生した。

人気グループWanna One(ワナワン)のキム・ジェファンの個人情報が流出する事故が発生し、所属事務所が事態の収束を始めた。

キム・ジェファン

キム・ジェファン(写真提供:スポーツ韓国)

所属事務所Swingエンターテインメントは、キム・ジェファンの公式SNSに個人情報流出事故の文章を掲載した。

その文章によると、「25日午後2時ごろ、コミュニティサイトをはじめ、キム・ジェファンの個人IDおよび連絡先の情報が広がり始めた。これはファンカフェオープン当時、しばらくの間公開になっていたキム・ジェファンの登録IDを基に、Googleと個人情報を検出されたことが確認されている」と説明した。

続いて「オープン当時キム・ジェファンの情報流出を正しく確認できず、このようなことになって非常に残念だ。今回のために不快感を覚えたキム・ジェファンとファンのみなさんに、心からお詫びの言葉を申し上げる」と謝罪した。

所属事務所は、流出したキム・ジェファンの連絡先とユーザー名などを削除、変更の措置をとった。Swing側は「流出した既存の連絡先に連絡するなどの行為で、関係のない人に二次被害が出ないよう、注意をお願いしたい」と要請した。

さらに流出事故と関連し名誉棄損を懸念して「他人の情報を収集・毀損・侵害・盗用・漏えい・流布することは、すべて違法行為のため、このような行為は直ちに中断していただきたい」と付け加えた。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]