Wanna One(ワナワン)とEXO(エクソ)の人気賞共同受賞について2018 KPMAが謝罪した。

EXO(エクソ)とWanna One(ワナワン)の人気賞共同受賞で論議に包まれた「2018 KPMA」が謝罪した。

Wanna One

Wanna One(出典:Twitter)

EXO

EXO(出典:Instagram)

21日、「第1回大韓民国大衆音楽授賞式(2018 KOREA POPULAR MUSIC AWARDS、以下KPMA)」側は、公式ホームページを通じて、人気賞受賞について「心から頭を下げて謝罪申し上げる」と述べた。

今回の議論に関して謝罪した2018 KPMA

今回の議論に関して謝罪した2018 KPMA(出典:kpma.tv)

続いて「人気賞は100%の投票で順位が決められ、1位がWanna One(151万7900票)、2位がEXO(149万6101票)で選ばれた。ファンが最も関心を傾ける部門であるだけに、投票の最後の瞬間まで1、2位が僅差で順位が前後するなど、投票締め切りまで予測不能で薄氷の瞬間だった」とし、「“みんなのフェスティバル”にしようという意味で人気賞部門の次点であるEXOも受賞を決定することにした」と受賞理由を説明した。

続いて「しかしこの点について十分な立場をお知らせできず、事前に説明できなかったことは、完全に組織委員会の不覚であることを認める」とし「Wanna One、EXOのファンのみなさんをはじめ、これにより不快感を感じたすべての方々に、もう一度心から謝罪申し上げる」と付け加えた。

先立って20日に行われた「2018 KPMA」側が人気賞部門でWanna OneとEXOに共同で受賞し、論議に包まれ、ファンの抗議が続いた。

一方、「2018 KPMA」は社団法人大韓歌手協会、社団法人韓国大衆文化芸術産業総連合、社団法人韓国芸能製作者協会、社団法人韓国レコード産業協会、社団法人韓国音楽実演者連合会、社団法人韓国音楽著作権協会の共同主催で行われた。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]