「PRODUCE X 101」、「PRODUCE48」のみならず「PRODUCE 101シーズン1/シーズン2」でも行われていた順位操作。過ぎた5日、韓国メディアはWanna One(ワナワン)のデビューメンバーの中に操作によりメンバー入りを果たした人物がいる事が明らかとなった、ということを報じ、人々に再び驚きを与えた。

Wanna One(ワナワン / ハングル 워너원)のデビューメンバーの中に操作によりメンバー入りを果たした人物がいる事が明らかとなった。

Wanna Oneのメンバーの中に操作でメンバー入りを果たしたメンバーが1人いる事が発覚

思わぬ形で再び大きく注目されることとなったWanna One…(出典:Wanna One公式Twitter)

「PRODUCE X 101」、「PRODUCE48」のみならず「PRODUCE 101シーズン1/シーズン2」でも行われていたことが発覚した順位操作の事実。
過ぎた5日、国会に提出された公訴状からはその大胆な操作の方法が明らかとなった。

韓国メディアの報道によると当公訴状には「“PRODUCE 101 シーズン2”に出演していたA練習生のオンライン投票、生放送メール投票の結果を操作した」という事実が記されていたとのこと。

(PR)衛生フェイスマスク50枚-980円(税別)/アルコールハンドジェル500ml-980円(6月3日までDanmee読者様キャンペーン)

当操作により、本来最終デビューメンバーの一人に含まれていたA練習生は脱落させられ、デビュー圏外となっていたB練習生の順位はデビュー圏内のものへと変えられていたようだ。
PRODUCEシリーズの製作を総括したキム・ヨンボムCPによりおこなわれたという当操作。

Wanna Oneのデビューメンバーの操作の事実を受け、韓国ネット上からは

「元々デビュー出来るはずだった子はどれだけ悔しかっただろうか…」
「脱落させられた人物を明らかにして、保障を行うべき」
「PRODUCEシリーズはオーディション番組じゃなくて国民への詐欺劇だったね」

という脱落させられた練習生に対し胸を痛めた同情の声や、操作が行われていた事に対する怒りの声が多く聞かれている。

その一方で韓国ネット上では操作の被害を受けた練習生の推測が行われている。
「PRODUCE 101 シーズン2」の視聴者であった人々は番組放送時常に上位をキープしていたキム・ジョンヒョン(ハングル 김종현)、カン・ドンホ(ハングル 강동호)、キム・サムエル(ハングル 김사무엘)が、最終順位発表の際には11位以下の順位となっていたことに違和感を抱いていた様子。

このことから現在ネット上では上記の三人の中に操作の被害者がいるのでは無いか、という推測が高まっている。
特に最終順位発表式の前に行われた順位発表式で1位を獲得していたにもかかわらず、デビューメンバーに選ばれなかったキム・ジョンヒョンの順位には納得がいっていない者が多く存在するようで、彼が操作の被害者なのではないかとの推測の声が多く聞かれている。

また、ネット上では“PRODUCE 101 シーズン2”側が2017年に誤って公式フェイスブックに投稿した「これまで視聴してくださった全ての国民プロデューサーさん、ありがとうございます」と書かれた最終デビュー組と思われる11人の画像に改めて注目が注がれる事に。

Wanna One(ワナワン)のデビューメンバーの中に操作によりメンバー入りを果たした人物がいる事が明らかとなった

2017年に製作陣により誤って公開された画像(出典:韓国オンラインコミュニティ)

当画像内の11人の中にはキム・ジョンヒョン、カン・ドンホ、キム・サムエルの3人が写っている。
当時この画像について“該当コンテンツはサンプルから作業されたものだ”という説明を行っていた製作陣側。

しかし、製作陣に対する不信感が高まっている現在、視聴者であった人々の中には当時の説明に対する不信感を募らせているものもいるようだ。