Mnet「PRODUCE(プロデュース)シリーズ」を制作したアン・ジュンヨンPDが、全てのシーズンで投票操作をしたことを認めた。そのような中、「PRODUCE(プロデュース)101シーズン2」に出演していたイ・インス練習生が自身の心境をSNS(Twitter)で投稿。彼の投稿に、悪質なコメントや擁護するコメントなどでネットユーザーたちが舌戦を繰り広げたことで論議はさらに大きくなってしまった。

Mnetサバイバルオーディション番組「プロデュース シリーズ」を制作・演出したアン・ジュンヨンPD(プロデューサー)が、ガールズグループI.O.I(アイオーアイ)と、ボーイズグループWanna One(ワナワン)の投票結果も操作したと認めた中、「プロデュース101 シーズン2」に出演していたイ・インス(ハングル 이인수)練習生がSNSに心境を綴った。

「プロデュース101 シーズン2」に出演していたイ・インス練習生

「プロデュース101 シーズン2」に出演していたイ・インス練習生(画像出典:プロデュース101 シーズン2)

最近、あるオンラインコミュニティーに「プロデュース101 シーズン2出演者、イ・インスのツイッター状況」というタイトルである文章が掲載された。

公開された文章には、イ・インス練習生が公式ツイッターに投稿した文章のキャプチャーが映し出されている。

そこには「そっか。何も知らずに頑張って走り抜けて来たのに。準備しながら流した汗とすべての努力が..誰かを恨むつもりはないけれど、ちょっと悲しいですね」と心境を綴った様子が書かれている。

イ・インスは、2017年に放送されたMnet「プロデュース101 シーズン2」に出演した際、最終順位で57位を記録し、Wanna Oneのメンバーに抜擢されることが出来ずに練習生生活を終えた。

Twitterで心境を吐露したイ・インス

Twitterで心境を吐露..(画像出典:イ・インス ツイッター)

イ・インスが投稿したツイートに対して、一部の悪質なネットユーザーは「あなたとは何の関係もありませんよね。アン・ジュンヨンPDが投票操作をしなくても、あなたはデビュー出来ませんでしたよ。プデュに出演した人たちはみんな努力をしましたが、11人に選ばれたメンバーたちはもっと頑張って努力をしました。11人のメンバーは、悪質なコメントのせいで精神的にも苦労をしてきたのです」と返信。

この悪質なコメントを見た他のネットユーザーは「操作をしなくてもこの方はデビュー出来なかったですって?失礼じゃないですか?この方がデビューする可能性とプデュ出演時の努力を全て無視する発言ですね」とし「最後まで練習生たちが涙を流しながら努力してきた番組で、デビューしたい気持ちが大きい彼らに対してこの悪質なコメントは見ていて不快ですね」と指摘した。

この論議が続き、ネット上で大きな波紋を呼ぶと、イ・インスは該当のツイートを削除した。

一方、現在「プロデュース」シリーズの関係者たちは、全てのシーズンで投票結果を操作した状況が捉えられて警察での調査を受けている。

アン・ジュンヨンPDおよびキム・ヨンボムCP(総括プロデューサー)は拘束・起訴されて検察に送検、その他製作スタッフおよび所属事務所の関係者なども検察に送検された状況だという。


PRODUCE 101 シーズン2 イ・インスの自己紹介映像(動画出典:Youtube 프로듀스이인수

[su_spacer size=”30″]


この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs