1月20日、韓国メディアのイーデイリーは「Wanna Oneの新曲『Beautiful Part3』の音源公開が、不発の危機に直面している」と単独で報道。果たしてCJ ENMとメンバーの各事務所は、”Wanna One消滅”にも繋がりかねない、最悪な状況を招いてしまうのだろうか。

Wanna One(ワナワン)の3年ぶりとなる音源公開が、不発の危機に直面している。

Wanna One

Wanna One(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

去る1月20日、韓国メディアのイーデイリー(www.edaily.co.kr)は「Wanna Oneの新曲『Beautiful Part3』の音源公開が、不発の危機に直面している。その原因は、一部のメンバーとの契約が難航しているためだ」と、芸能関係者の言葉を引用して、単独で報道。

『Beautiful Part3』不発の危機?

新曲『Beautiful Part3』の音源がリリースされると初めて報じられたのは、1月10日の事。

韓国メディアのJTBCは「Wanna Oneが、”2021 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)”のステージで披露した『Beautiful Part3』の音源が公開される。本作は、2017年の『Part1』、2018年の『Part2』に続く、『Beautiful』シリーズのフィナーレとなる」とした上で「公開日は、1月27日。Wanna Oneが、2019年1月27日の解散コンサートを最後に、それぞれの道を歩み始めている。今回の『Beautiful Part3』も、短い活動期間を終えファンに贈るプレゼントのような“挨拶”という意味を付与するため、1月27日と決めたようだ」と伝えた。

イーデイリーは、Wanna Oneの持つ特殊性に触れ「(新曲発表は)各メンバーとの契約が成立しない限り、音源発表は白紙に戻る可能性が高い。CJ ENM(以下、CJ)は、1月27日に合わせると公表していたが、早すぎる発表だった」と指摘。

また「口頭での合意は得ている。正しいプロセス確立のため、現在(細部を)点検中である」と、CJ側の釈明も伝えている。

“口頭での合意”に、法的効力はあるか

これを受け、韓国ネットでは、CJ側を批判する声が数多く寄せられた。

その内容からは、「いい加減、Wanna Oneで商売はやめて」「CJのやり方には本当にうんざり」「Wanna Oneとの美しい思い出を壊さないで」「CJの仕事ぶりが下手くそすぎる」など、憤りのボルテージがマックスに達している様子がうかがえる。

未だに多くのファンから支持を受けているWanna One

未だに多くのファンから支持を受けているWanna One(画像出典:公式SNS)

果たして、新曲『Beautiful Part3』の不発の可能性はあるのだろうか。

まず、CJが明らかにした”口頭での合意”は、法的効力はあるのか、いわば”正式な契約行為”と言えるのだろうか。

結論からいうと、韓国の法律で定められている”口頭での合意”は、法的効力を持っている。ただ「言った」「言わない」という事実関係の証明は非常に難しく、それが証明できれば「正式な契約を結んだ」と認められる。

しかし、この場合はやはり両者の主張が食い違う事が多く、是非を問う訴訟に発展するケースが非常に多い。その上、その審判にも時間がかかる。まさに”泥沼の訴訟合戦”が幕を開けることになるという。

最悪の事態‥”Wanna Oneの消滅”

CJ側も、最悪な状況を恐れたのか「口頭での合意は得ており、現在は”事務的な手順”だけが残っている」と説明しており、この”事務的な手順”が、確実な法的効力を持つ”書面での契約”を意味すると見られている。

(関連記事)Wanna one「歓迎するけど不愉快」韓国ファンが新曲公開日に不満のワケ

万が一、音源発表が不発に終わってしまったら、CJとメンバーの各所属事務所は、実際に”口頭での合意”が存在したのかを巡り、法的審判を求める措置に踏み切ることは想像に難くない。

そうなると、”Wanna Oneブランド”を支えていた”CJ+各所属事務所”という共同体が瓦解し、事実上”Wanna One”関連ビジネスに終止符が打たれることになるだろう。至極シンプルに言えば、”Wanna Oneの消滅”になる。

1度解散したWanna Oneへの未練はなく、全てのビジネス推進において「CJと各事務所が満場一致でなければならない」という縛りに対して反感を持っている事務所なら、もちろん、”Wanna Oneの消滅”に賛同するスタンスを持つかもしれない。

しかしCJと各事務所は、その実力と人気が検証され、さらなるビジネスへの拡張性を持つ”Wanna Oneブランド”を、そう簡単に手放すとは考えにくい。円満な合意と契約を導き出し、”未来への余地”を残すため、最悪の事態は避けるよう尽力するだろう。

***

イーデイリーの報道に対する、韓国ファンの意見の中には「契約を渋っている現状を打開するために、CJがメディアに情報を流したのでは?」「相手(各所属事務所)を制圧するために、公論化するのも有効だよね」という憶測も寄せられた。

つまり一部のファンは、今回の”不発危機”報道を「CJ側が意図的に記事を書かせた」と見ているようだが、その真相はもちろん不明だ。

CJが公表した音源公開まで、あと6日。果たしてCJと各事務所は、どのような”努力”を見せてくれるのか‥タイムリミットが迫っている。


[2021 MAMA] Wanna One – Beautiful (PART III) (動画出典:Youtube Mnet K-POP)







Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs