歌手カン・ダニエルと、K-POPガールズグループTWICE(トゥワイス)のジヒョの熱愛が報じられた中、カン・ダニエルがファンに向けて心境を伝えた。

Wanna One(ワナワン)出身で「国民のセンター」と呼ばれて大きな愛を受けているカン・ダニエルと、名実共に最高のK-POPガールズグループTWICE(トゥワイス)のジヒョの出会いということで、日本でも話題を集めた今回の熱愛報道。

カン・ダニエルが居住しており、二人の秘密のデート現場となったソウル・漢南洞(ハンナムドン)のUNビレッジが話題となり、出会いのきっかけは2AMのイム・スロンだったという点まで知らされるほど、二人の熱愛の便りは大きく伝えられた。

神田 カンダニエル トゥワイス ジヒョ

大きな関心が寄せられた二人の熱愛報道(写真提供:©スポーツ韓国)

このような中、二人の熱愛の便りに最も敏感に反応した人々は、カン・ダニエルのファンたちだった。

カン・ダニエルは5日、公式ホームページを通じて「突然の知らせに驚かれた皆さん。本当に申し訳ございません」と挨拶をし、ファンに向けた長文を掲載。

カン・ダニエルは「僕がソロとして活動が出来るようになるまで本当に色々なことがありました。時々本当に疲れる時もありましたが、そのような僕を応援してくださっていたのは、他の誰でもないファンのみなさんです」とコメント。

また「僕を待っていてくれた約束のない長期間、苦痛と悪意の意図が感じられる推測による報道が出た時も、僕だけを見ていてくださり、僕が立ち上がることが出来るように愛と声援を送ってくださったファンの方々に、本当に感謝を申し上げます」と伝えた。

さらに「ファンのみなさんの為に努力することが僕の役割であり、僕がして差し上げたいことです。その役割を成し遂げるために、いつも皆さんのことを最も大切に思ってきたように、今後も歌手カン・ダニエルとして良い姿をお見せしていけるように努力していきたいと思います」と付け加えた。

カン・ダニエルは今年1月、Wanna Oneの活動終了後から所属事務所であったLMエンターテインメントと法的論争を続けているが、ファンたちはずっとカン・ダニエルに声援を送り、彼の選択を尊重してきた。

その後、個人事務所KONNECTエンターテインメントを設立したカン・ダニエルは、7月25日にデビューアルバム「color on me」をリリースし、ソロ歌手として第一歩を踏み出した。

当時このアルバムは予約注文だけ45万枚を記録し、発売から1日で34万枚を突破するほど歴代級の影響力を見せ、カン・ダニエルに向けたファンたちの愛がどのくらい熱かったのか知ることが出来る。

カン・ダニエルが熱愛を認めた後、変わらず彼を応援しているファンたちもいる中、一部では失望したと声を高めているファンもいるという。

揺れ動くファンの心を掴まえながら、今後もソロ活動を継続していくカン・ダニエルの動向に、ファンのみならず芸能関係者の中でも多くの関心が寄せられている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。