• 世界最大級のK-POP授賞式『2022 MAMA AWARDS』のノミネートが公開された。
  • 熾烈な戦いになりそうなのは、『Best Female Artist』部門。
  • SNSの予想は、TWICEナヨンと少女時代テヨンの一騎打ちだが、果たして評価のポイントは?

毎回ファンの注目を浴びる、世界最大級のK-POP授賞式『2022 MAMA AWARDS』の各部門別のノミネートが公開された。

同部門にノミネートされたTWICEのナヨンと、少女時代のテヨン

同部門にノミネートされたTWICEのナヨンと、少女時代のテヨン (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国オンラインコミュニティーでは、早くも受賞者の予測が上がり、各アーティストのファンから注目を集めている。

『2022 MAMA AWARDS』は、11月29、30日の2日間、日本の“京セラドーム大阪”で開催される。

CJ ENMが公開した1次パフォーミングアーティストに名を連ねたのは、Stray Kids、ITZY、TOMORROW X TOGETHER、JO1、TREASURE、ENHYPEN、IVE、Kep1er(アーティストは、デビュー順)。

チケットは、1日券なら税込22,000円、2日通し券なら税込40,000万円。この破格の料金に衝撃を受けたファンもいたが、今をときめくアーティストたちが一堂に会すイベントだけに、日本のK-POPファンも大興奮。熾烈なチケット争奪戦となりそうだ。

そして、グローバルK-POPファンが参加する『Worldwide Fans’ Choice』部門の候補選定のためのオンライン投票も始まった。こちらでもファンの熾烈な争いが繰り広げられている。

韓国オンラインコミュニティーでは、誰が受賞するかを予測するスレッドが上がっている。

その予測の中で紹介したいのが、『Best Female Artist(女性ソロ)』にノミネートされたK-POPを代表する歌姫たち。

Best Female Artist-1

『Best Female Artist』にノミネートされた、左からIU、TWICEナヨン、少女時代テヨン(画像出典:MAMA AWARDS 公式Twitter)

まずは、9月に韓国の女性歌手として初めてオリンピック主競技場でコンサートを開催したIU(アイユー)。

続けて、グループ初のソロアルバムを発売したTWICE(トゥワイス)のナヨンと、5年ぶりに完全体でカムバックをした少女時代(SNSD)のテヨン。

そして、10月にソロデビューしたばかりのRed Velvet(レッドベルベット)のスルギ、新曲『Nxde』がヒットを見せている(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)からはミヨンと、そうそうたるメンバーが集まっている。

Best Female Artist-2

『Best Female Artist』にノミネートされたRed Velvetのスルギ(左)、(G)I-DLEのミヨン (画像出典:MAMA AWARDS 公式Twitter)

予測で接戦を見せたのは、TWICEナヨンと少女時代のテヨン。

予測表は、”Digital & Physical Sales based on Circle Chart and Spotify”と記載があり、世界最大の音源プラットフォームであるSpotify(スポティファイ)のストリーミングと、サークルチャート(旧ガオンチャート)での販売データをもとに、デジタルセールス(韓国)、デジタルセールス(グローバル)、フィジカルセールスの3つの数値で計算されている。

このポイントで1位となったのは、ナヨンで46811ポイント。2位は、テヨンの39493ポイント。

オンラインコミュニティーでの情報によると、これに審査員のポイントが追加され、受賞者が決まるという。

ソロアルバムのタイトル曲『POP!』が人気を博したナヨンについて、ネットユーザーは、

「『POP!』は、YouTubeでもTikTokでも人気が高かった」

「ナヨンのアルバムは名盤」

「K-POPソロ歌手初の、”ビルボード200″のトップ10入りを果たした、ナヨンが強い」

などの声が上がっている。

一方、グループのメインボーカルとして高い歌唱力を誇るテヨンについては、

「Melon(メロン)の”TOP100″チャートで1位を記録した」

「大衆評論家にも認められたクオリティーの高いアルバムだったから、テヨンが受賞すると思う」

「テヨンのアルバム『INVU』は本当に良い曲ばかり、みんな聞くべき!」

などの反応が上がった。

中には、「海外で強いナヨン」「韓国内で強いテヨン」という気になるコメントも。

たしかにナヨンは、”ビルボード200″という、米国ビルボードで”Hot 100″と共に2大メインチャートとして挙げられるチャートの7位という海外での人気を見せつけた。

一方テヨンは、MelonやGenie、Bugs、VIBEといった韓国の主要音源サイトでチャート1位を獲得している。

ネットユーザーからは、

「『MAMA』は海外で開催されてきたから、審査員は海外での活躍を評価するのでは?」

「K-POPのグローバル人気を重視するならば、ナヨンが優勢かな」

「大衆の人気のバロメーター的な存在の『MAMA』は、国内よりも海外での成績がポイントになると思う」

など、『MAMA』の評価ポイントに海外を挙げるコメントが多いようだ。

果たしてトロフィーは誰の手に渡るのだろうか。K-POPファンの注目が高まっている。

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(873件)




TWICE

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE 最新記事はこちら(712)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs