TWICEメンバー ナヨンが、いよいよ6月24日にソロアルバム『IM NAYEON』を発売する。期待が膨らむ中、収録曲の音源の一部が公開された。そこで、彼女の魅力がつまったアルバムの評価したい3つのポイントを挙げる。

TWICE(トゥワイス)メンバー ナヨンのソロデビュー日まであと数日と迫っている。

ソロアルバムを発売するTWICEのナヨン

ソロアルバムを発売するTWICEのナヨン(画像出典:YouTube)

多くのファンの期待が高まっている中、公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルなどを通して、1stミニアルバム『IM NAYEON』のハイライトメドレーが公開された。

今回は収録曲全ての音源の一部が公開されたこともあり、ファンの期待はますますアップ! そこで発売前に評価すべき3つのポイントを挙げてみよう。

1.TWICEカラーを基調に、7色のナヨンを表現

公開された映像を見ると、アルバムに収録された全7曲がそれぞれ異なるコンセプトで表現されている。

だからといってTWICEのイメージからは逸脱しておらず、”はつらつさ”、”キュート”、”清涼感”などTWICEらしさを基調とし、その上に新しいナヨンのカラーがプラスされた印象を受ける。

7色の魅力を放つナヨンのアルバムは、TWICEファンも楽しめるアルバムとなっているのではないだろうか。

2.TikTok世代をターゲット!

若い世代を中心に人気のTikTok(ティックトック)は、60秒以内の短い時間で楽しめるショート動画が多く、最近のKPOPアイドルの間でも、自身の曲をBGMにして踊るショート動画の投稿が流行っている。

それをファンが真似して踊るダンスチャレンジ動画の投稿も人気だ。

TikTokでBGMとして使われた曲は口コミで広がり、その結果、曲そのものが大きな話題につながることも多い。

よって、K-POPがSNSをうまく活用しているこの戦略は、世界でも大きな注目を集めている。

ナヨンのアルバム収録曲も、TikTokでの切り出しやすさを意識した、キャッチーなフレーズが多い印象を受けた。

普段TikTokを楽しんでいる世代の心をもがっちりと掴む要素が、きちんと盛り込まれているようだ。

3.バブルガム・ポップでアメリカ市場をキャッチ

バブルガム・ポップ(Bubblegum pop)とは、明るいサウンドで、プレティーンやティーンエイジャー向けに作られたポップ・ミュージックジャンルのひとつ。

ポップでキャッチーなメロディーが特徴でアップビートな曲調が多い。

アルバムタイトル曲『POP!』も、ついつい口づさみたくなるような明るくキャッチーなメロディーが耳に残る。

アメリカ市場に焦点をあて、TikTok同様、若い世代の心をしっかりと掴む工夫がされている。

ナヨンのソロアルバム『IM NAYEON』

ナヨンのソロアルバム『IM NAYEON』(画像出典:JYPエンターテインメント)

今回先行公開された映像は、ナヨンのたくさんの魅力がつまっている。

“これが私、イム・ナヨンなの”という強い自信も垣間見え、「さすが、ナヨン!」とさらに期待が高まった方もいるのではないだろうか。

収録曲7曲には、彼女の魅力がふんだんにつめ込まれているため、”ナヨンは欲張り”なんて印象を受けると同時に、ナヨンらしい憎めない愛らしさも伝わってくる。

ソロアルバム『IM NAYEON』の全貌は、6月24日午後1時に正式発売で明かされる。


NAYEON “IM NAYEON” Album Sneak Peek

(構成:酒井知亜)




TWICE

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE 最新記事はこちら(710)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs