アイドルたちの携帯電話番号が流出するなど、個人情報漏洩に頭を抱えているK-POP業界。Mnet『TMI NEWS』では、“ショッキングな事件を体験したアイドル”というタイトルで危険な状況に置かれたアイドルたちのビハインドストーリーを公開。その中でも被害が家族にまで及んだTWICE(トゥワイス)のジヒョの件を紹介する。

韓国での人気はもちろん、メンバーそれぞれのルックスが魅力的で、今や世界中のファンから愛されているTWICE(トゥワイス)。

だが、ファンが多ければ多いほど、その人気に伴う副作用も侮れない。

中でも最も代表的な“副作用”は、芸能人のプライベートを追っかけまわす“サセン”の野蛮な行為だろう。

TWICE

TWICE(画像出典:TWICE Twitter)

アイドルたちの携帯電話番号が流出することは日常茶飯事で、ホテルでの盗撮や交通違反など、最近ではそのスケールと大胆さが益々エスカレートしており、度を越えた犯罪のような事例が増えて、深刻な社会問題となっている。

そのため、最近放送されたMnet『TMI NEWS』では、“最もショッキングな事件事故を体験したアイドル”というタイトルで、危険な状況に置かれたアイドルたちの状況を振り返る時間が持たれた。

アイドルの名誉を傷つけ、私生活を侵害する行為は、時にその家族にまで及ぶ。

TWICEのジヒョは、2018年に公式インスタグラムを通じて「NAVERのIDがハッキングされていて、Eメールも確認できずにいる状態なのに私の家族に来た連絡」とし、なりすまし詐欺の被害を知らせた。

なりすまし詐欺に遭ったTWICEのジヒョ

なりすまし詐欺に遭ったTWICEのジヒョ(画像出典:Mnet『TMI NEWS』キャプチャー)

ジヒョは「芸能人という理由で家族の番号まで調べて詐称をするのですか?こんな悪質ないたずらはしないでほしい。二回目は黙っていません。いい加減にしてください」と警告。

ジヒョが公開した写真には、ジヒョを装った人物が母親に接近し「お母さんお願いがあるの。マネージャーに500万ウォン(約50万円)送金してもらえる?」「お母さんショッピングに行くんでしょ?今すぐ送ってよ」「急いでくれる?」など金銭を要求するメッセージが含まれていた。

K-POP業界、いや韓国芸能界は全般的に、このような個人情報漏洩に頭を抱えている。

過去に、俳優ハ・ジョンウもハッキング犯から脅迫メッセージを受け取り、金銭を要求されたことがある。

彼は機転を利かせ、脅迫犯と会話を続けて時間を稼いでいる間にソウル警察署のサイバー捜査隊に連絡し、お手柄な逮捕劇が報じられた。だが、誰もがハ・ジョンウのような対応が出来るわけでもない。

(関連記事)故パク・ヨンハを思い出す‥ハ・ジョンウが脅迫犯にふるまった’兄貴的’対応

実際、サセンによる被害は昨日今日始まったことではなく、韓流の第1世代のアイドルを始まりに現在に至るまで、過激なファンの悪行はずっと続いている。

心からアーティストを応援しているファンならば、自身の利己心を満たすより、程よい距離感を保つことが彼らのためだと認識すべきではないだろうか。


なりすまし被害に遭った、TWICE ジヒョ(動画出典:Mnet K-POP)




TWICE (トゥワイス)

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE (トゥワイス) プロフィール&記事(527)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

TWICE (トゥワイス) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース