本日(5日)放送されるバラエティ番組『私は一人で暮らす』で、”一人暮らし”を真正面から楽しむ東方神起(TVXQ)ユンホの日常が公開される。いつでも全力投球である”情熱マンスール”こと、ユンホのプライベート姿とは。

先ごろ、革新的オンラインコンサート『Beyond LIVE』を開催し、久しぶりに世界中のファンと会った東方神起(TVXQ)。コンサートは終始、彼ららしい情熱的でエネルギッシュなオーラを放ち、成功裏で幕を閉じた。

(関連記事)東方神起(TVXQ)のBeyond LIVE、 K-POPパイオニアがオンライン上で魅せた開拓精神と力量

輝かしいスターとしての姿を存分に楽しませてくれた東方神起だが、本日(5日)放送されるMBCリアリティ番組『私は一人で暮らす』ではユンホの意外なプライベート姿が明かされる。いつでも”情熱”で溢れているユンホの心意気から仕事終わりの日常まで公開されるようだ。

東方神起のユンホ

いつでもありのままの姿を見せてくれる東方神起のユンホ(画像出典:TVXQ公式Twitter)

ユンホと言えば、真面目な性格、謙虚な姿勢、常に礼儀正しい、情熱的という人柄が挙げられるだろう。彼の情熱は今に始まった事ではなく、高校生の時から「情熱があれば出来ないことはない」と生きてきた真の”情熱マンスール”なのだ。

※情熱マンスール:アラブ首長国連邦の大富豪 マンスールの名前にちなんで「情熱 マンスール(情熱だけは誰よりもたくさん持っている、情熱の大富豪)」というあだ名

寄付やボランティアをはじめ、街中で喧嘩を見かければ仲裁に入り、後輩たちが困っていれば駆け寄ってフォローし、ファンに対しても優しい言葉を送るといった数々の善行を”素”で行うユンホ。そんな彼のプライベートな姿に注目が集まっている。

この日、ユンホは”情熱マンスール”らしい姿を披露する予定だ。

遅い時間でもジムに向かい、身体を動かすユンホ。足が真っ赤になるほどのキックを炸裂させつつ、一方では強力なパンチを続けている。
ハードな運動にも関わらずユンホは「今日という日は二度と戻らないから、やらなきゃ!」と克服を誓うなど、彼らしい名言が次々と飛び出し、新たな”情熱マンスール”語録を残すという。

ユンホの日常とは

ユンホの日常とは?(写真提供:©スポーツ韓国)

さらにユンホは、帰宅してから休む暇もなく忙しい時間を過ごしている。
両足を筆にして衣類リフォームにまで挑戦。思い通りにならないドタバタとした製作過程にも肯定的なエネルギーを失わず、”情熱マンスール”を発散しているという。
足の型一つにしても決して適当にとることのないユンホが作る、完成した”服”とは一体どのような姿なのか、視聴者の好奇心を刺激している。

ホラー映画を観ているユンホ

ホラー映画を観ているユンホだが‥(画像出典:MBC公式サイト 予告動画キャプチャー)

そうかと思えば、夜更けにホラー映画まで観ているユンホ。隣にいたウィルソン(クマのぬいぐるみ)に「お前、大丈夫か?」と自信満々に振舞っていた彼だが、予想とは違い、悲鳴をあげ怯える(?)姿を見せており‥。



果たして、溢れんばかりの”情熱”に隠れているユンホの”親しみやすい魅力”とは一体どのような姿なのか。

疲れ知らずの情熱マンスール、ユンホの日常は、本日(5日)夜11時10分よりMBC『私は一人で暮らす』で披露される。


“情熱マンスール”ユンホ(動画出典:나혼자산다 STUDIO)

東方神起

東方神起(TVXQ)は、チャンミン、ユンホによる韓国出身の男性デュオ。
レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。
2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月のカムバック以降はユンホ、チャンミン2人で活動している。

東方神起 プロフィール&記事(124)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。