新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

メディアでは常に「情熱的」と言われている東方神起のユンホだが、どのくらい情熱的なのか…。ファンの間では一生忘れられない情熱的なシーンとして話題のエピソードをご紹介!

普段から情熱的で、ストイックな性格として知られる東方神起のユンホ(本名 チョン・ユンホ / ハングル 정윤호)。

「情熱マンスール」東方神起ユンホ

「情熱マンスール」東方神起ユンホ(画像出典:ユンホ Instagram)

最近では本業の歌手のみならず、バラエティ番組などにも出演し多方面で「情熱財閥」「情熱マンスール」という愛称で親しまれているユンホだが、Bigeast(ビギスト = ファンの総称)の間では伝説となっている情熱あふれるシーンがある。

それは、ユンホが除隊後初めてステージに上がった「SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI in SEOUL」での出来事。

この時ユンホは「Drop」を披露し、雄壮な音楽に合わせて存在感あふれる風格のあるダンスを見せた。

しかし情熱があふれすぎたせいか、ステージの途中でズボンが裂けてしまった。

情熱があふれすぎてズボンが裂けた!!

情熱があふれすぎてズボンが裂けた!!(画像出典:KBS「ハッピートゥギャザー3」キャプチャー)

でもユンホは堂々たる態度で、一切慌てることなく、ズボンが裂けたそのままの状態で最後までステージを成し遂げて真の“プロ意識”を見せた。

このような姿に、所属事務所SMエンターテインメントのイ・スマン代表がユンホに向けて親指を立てて称賛したという。

一方、ユンホはこの時の心境をKBS 2TVバラエティ『ハッピートゥギャザー3』に出演した際に打ち明けたことがある。

ユンホは「ズボンが破れた瞬間、冷たい風がサーッと入ってきて“あ…始まったな(破れたな)”と分かったんです(笑)」とコメント。

ユンホ「あ..始まったな..」

ユンホ「あ..始まったな..」(画像出典:KBS「ハッピートゥギャザー3」キャプチャー)

さらに「でも僕がステージを止めてしまったら観客たちの興奮も冷めてしまうでしょう。途中で止めることは出来なかったんです」とし「最後までやり遂げるのがプロだと思ったんです。観客には久しぶりのステージだったので興奮してズボンが裂けちゃいましたと伝えたんです」と語った。

これに対しチャンミン(本名 シム・チャンミン / ハングル 심창민)は「(ユンホは)あまりにも情熱的。プライベートでも胸に花火があるみたいに情熱的なんです」と付け加えた。

チャンミン「ユンホの胸には花火があるみたい」

チャンミン「ユンホの胸には花火があるみたい」(画像出典:KBS「ハッピートゥギャザー3」キャプチャー)

引き続き「ズボンに違和感を感じたら、破れないように適度にするのに…これは情熱が呼んだ惨事だと思う(笑)」とし「あそこまでする必要あるのかなと思いました(笑)」と、ユンホの情熱に対して出演者に笑いを与える最高のパートナーぶりを見せた。

このユンホの“微妙な位置”でのハプニング…

ファンの間では、かの有名な「サスペンダー事件」を彷彿とさせる出来事となった。

ファンの間で有名な「サスペンダー事件」

ファンの間で有名な「サスペンダー事件」(画像出典:ファンコミュニティー)

ユンホは2007年、名古屋で開催された「2nd LIVE TOUR 2007 ~Five in the Black~」の公演の際にサスペンダーに足を通してしまい、観客の視線を一気に集中させたという一生忘れることの出来ない愛らしい伝説を持っている。

ユンホ「災い転じて福となすでしょ!」

ユンホ「災い転じて福となすでしょ!」(画像出典:KBS「ハッピートゥギャザー3」キャプチャー)

どちらのハプニングも、まさにユンホが直接語った「災い転じて福となす(전화위복)」結果となった。

ユンホ..情熱があふれすぎてズボンが裂けた「DROP」ハプニング