BIGBANG(ビックバン)、BLACKPINK(ブラックピンク)などスターアーティストが多く所属するYGエンターテインメントは、所属アーティストに対して常習的に悪質な投稿をする投稿者に対して、法的措置などの強硬な対応を進めていることを発表した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

YGエンターテインメント(以下、YG)は、アプクラー(悪質な書き込み”アプクル”を常習的に書き込む人たちのこと)に対する強硬対応を進めている。

いまやグローバルスターへと成長し、何かと雑音の絶えない状況になったBLACKPINK

いまやグローバルスターへと成長し、周囲による雑音が絶えないBLACKPINK。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

10月14日、YGは公式立場を通して「所属アーティストに対して悪意的・常習的に虚偽の事実を流布するアプクラーを告訴・告発した」と明かした。

「所属アーティストが大衆から大きな愛を受けているだけに、ある程度の誹謗は耐えなければならない立場だと考え、これまで法的対応を自制してきた」とし「しかし所属アーティストに対する噂の量産、非難、人身攻撃、嫌がらせ、プライバシーの侵害などが分別なく行われており、その現実をこれ以上黙って見過ごすことはできないと、責任を感じている」と述べた。

「当社は今年の初めから最近まで、ファンの皆様が情報提供してくださった内容を基に、所属アーティストの権益を侵害する多くのウェブサイト掲示物を見てきて、度が過ぎると判断した事案について綿密に検討した」と付け加える。

それとともに「悪意的・常習的に虚偽の事実を流布した行為を選別し、情報通信網利用促進及び、情報保護等に関する法律違反(名誉棄損)、侮辱、業務妨害罪で告訴・告発したことをお伝えする」と発表。

「これからも所属アーティストの名誉が深刻に棄損されたり、それによって回復できない被害が膨大であると判断された場合、アーティストを保護するために強力な法的措置を取る予定だ」と警告した。

最近はBLACKPINKのジスが、ソン・フンミンとの熱愛説に巻き込まれた。その後、騒動が続くとYG側は「熱愛説の噂は全て事実無根」と言及している。

YGには、BIGBANG(ビッグバン/ G-DRAGON、T.O.P、SOL、D-LITE)をはじめ、BLACKPINK(ブラックピンク/ ジス、ジェニー、ロゼ、リサ)、WINNER(ウィナー/ YOON、HOONY、JINU、MINO)、iKON(アイコン/ JAY、SONG、BOBBY、DK、JU-NE、CHAN)、TREASURE(トレジャー/ ヒョンソク、ジフン、ヨシ、ジョンギュ、マシホ、ジェヒョク、アサヒ、イェダム、ドヨン、ハルト、ジョンウ、ジョンファン)、Sechs Kies(ジェクスキス)、AKMU(楽童ミュージシャン)など、多くのスターアーティストが所属している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

YG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース