X1(エックスワン)出身のWOODZ(ウズ)とハン・スンウが、Baverse StudioのYouTubeチャンネルに出演し、当時を振り返った。ハン・スンウは活動中断時、「頭が真っ白になった」と言い、WOODZは「デビュー経験のないメンバーのことが心配だった」と心境を明かしている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

X1(エックスワン)出身のWOODZ(ウズ/チョ・スンヨン)とハン・スンウが解散当時の心境を語った。

元X1ハン・スンウ(左)とWOODZ

Baverse StudioのYouTubeチャンネルで解散当時の心境を告白した元X1ハン・スンウ(左)とWOODZ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月26日、Baverse StudioのYouTube(ユーチューブ)チャンネルに、『[Behind Clip]親しい友人に聞く自分の裏話|WOODZ』というタイトルの映像が公開された。

映像の中でハン・スンウは、X1解散当時についての質問に、「言葉が出なかったのはもちろん、何より顔を上げることができなかった。あんなこと(順位操作騒動)になって、そばにいたメンバーも皆、顔を上げることができなかった。悲しいとかいう感情より、とにかく頭が真っ白になった」と答えている。

WOODZは「あの時は、いろいろな言葉を耳にしながら、ストレスが溜まった状態で過ごしていた。僕の場合は少し早くデビューしてたので、デビュー経験のないメンバーのことが心配だった」と胸の内を明かす。

そして、「メンバーには、”落ち込んだとか、また練習生に戻って準備するとか‥いつでも話を聞くから連絡して”と言った。感情的な部分も大きかったけど、現実的に心配な部分が大きかった」と当時を振り返った。

2019年にデビューしたX1は、Mnet『PRODUCE X 101』から誕生。ハン・スンウ、チョ・スンヨン、キム・ウソク、キム・ヨハン、イ・ハンギョル、チャ・ジュンホ、ソン・ドンピョ、カン・ミンヒ、イ・ウンサン、ソン・ヒョンジュン、ナム・ドヒョンの11人で構成されたグループだ。

しかし2019年8月にデビューしてすぐ、”PRODUCE”シリーズを巡る”投票操作騒動”に巻き込まれ、わずか4カ月で解散を余儀なくされた。

グループ解散以降、WOODZはYUE HUA(ウィエファ)エンターテインメントに戻り、ソロアーティストとして活動。元々VICTON(ビクトン)メンバーだったハン・スンウは、グループとソロ活動を並行し、2021年7月に入隊している。

6:29~X1解散当時について語ったハン・スンウとWOODZ(動画出典:YouTube Baverse Studio)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

X1

2019年7月19日Mnetオーディション番組「PRODUCE X 101(プロデュース X 101 / 愛称:プデュX)」の最終回で視聴者投票とSMS投票、オンライン事前投票などで最終的に選ばれた10人と初回放送から最終回まで得票数が一番高かった1人のメンバーを合わせた11人で結成されたK-POP男性アイドルグループ。

最終順位
1位 キム・ヨハン、2位 キム・ウソク、3位 ハン・スンウ、4位 ソン・ヒョンジュン、5位 チョ・スンヨン、6位 ソン・ドンピョ、7位 イ・ハンギョル、8位 ナム・ドヒョン、9位 チャ・ジュノ、10位 カン・ミニ、11位 イ・ウンサン

X1 プロフィール&記事(75)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

X1 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース