TXT(トゥモローバイトゥギャザー)が5月9日に、4thミニアルバム『minisode 2:Thursday’s Child』を発表してカムバックする。本記事では、TXTのカムバック期待ポイントを追ってみる。

K-POP界の“第4世代リーダー”TXT(トゥモローバイトゥギャザー)が、5月9日にカムバックする。

TXTが5月9日に4thミニアルバム『minisode 2:Thursday's Child』でカムバックする

5月9日に4thミニアルバム『minisode 2:Thursday’s Child』でカムバックするTXT(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

TXTは5月9日に、4thミニアルバム『minisode 2:Thursday’s Child』を発表する。

新譜の国内外の先行注文枚数が146万枚を突破、デビュー後初のミリオンセラーを予告するなど、カムバック前から話題を集めている彼らの”カムバック期待ポイント”をチェックしてみよう。

“初めての別れ”を経験した少年の様々な感情と成長ストーリー

『minisode 2:Thursday’s Child』は、『夢の章』と『混沌の章』に続く、次のシリーズに移る前に発表するアルバムで、“初の別れ”を経験した後に感じる少年の複雑な感情、そしてそれを通して自分と自分を取り巻く世界をもう少し知っていく少年の姿を描く。

同アルバムには、初恋が終わった後、純粋だった少年が怒りと喪失の感情に包まれる姿を込めたタイトル曲『Good Boy Gone Bad』を含め、『Opening Sequence』、『Trust Fund Baby』、デビュー後TXTが初めて披露するユニット曲『Lonely Boy(4番目の指の上のタトゥー)』、『Thursday’s Child Has Far To Go』まで、別れの後の様々な形の感情線が濃く染み込んだ、計5つのトラックが収録される。

彼らは最後のトラックの『Thursday’s Child Has Far To Go』を通して、別れの悲しみを乗り越え、前向きな気持ちで新たな道を進もうとする少年の意志を示し、これからの成長ストーリーに対する期待値を高める。

今まで見られなかったダークオーラ‥ピュアさを失った5人の少年

タイトル曲の『Good Boy Gone Bad』は、永遠のように思えた初恋が壊れた後、純粋だった少年が怒りと喪失の感情に包まれる姿を込めた、ロックサウンドが加味されたハードコアヒップホップジャンルの曲だ。

この歌は、少年が初めての別れの後に感じるダークな感情に正直に反応して、ピュアさを失う姿を直感的でインパクトのあるメロディーで描き出した“Z世代の別れの歌”だ。

TXTは、コンセプトフォトやクリップ、ミュージックビデオティーザーなど、多様なコンテンツを通して、これまで見ることのできなかった強烈でダークなコンセプトを公開し、新曲とパフォーマンスに対する期待を絶頂に引き上げた。

特に5人のメンバーは、ビジュアルと優れたフィジカル、卓越したコンセプト消化力をもとに、歴代級のパフォーマンスをプレゼントする予定だ。

新譜全曲に参加し立証した音楽的成長

TXTはデビュー3年ぶりにアルバムの全ての収録曲に参加し、アーティストとしての音楽的真価を発揮する。

ヨンジュンは、2021年に発売された2ndフルアルバムのリパッケージアルバム『混沌の章:FIGHT OR ESCAPE』のタイトル曲『LO$ER=LO♡ER』に続き、新譜のタイトル曲『Good Boy Gone Bad』のラップメイキングに参加。

ボムギュは『Thursday’s Child Has Far To Go』のプロデュースを務めた。

テヒョンとヒュニンカイは『Opening Sequence』の作詞に、ヨンジュンとテヒョンは『Trust Fund Baby』の作詞に参加した。

『Lonely Boy』には、ヨンジュンがラップメイキングし、ヒュニンカイが作詞に参加。『Thursday’s Child Has Far To Go』には、テヒョンが作詞と作曲クレジットに名を連ねた。

TXTは2021年に発表した『混沌の章』シリーズで独歩的な存在感を誇示し、K-POP界の“第4世代リーダー”として位置づけられた。

2ndフルアルバム『混沌の章:FREEZE』は、米ビルボードのメインアルバムチャート“ビルボード200”で5位にあがり、海外有数メディアの絶賛の中で、名実ともに“2021年K-POP名盤”として認められた。

このような前作の成績に、メンバーの音楽的成長が加わり、新譜『minisode 2:Thursday’s Child』は、TXTの“名盤”系譜を継ぐものと期待される。

TXTの新アルバム『minisode 2:Thursday’s Child』は、5月9日午後6時に世界同時公開される。

(TOPSTAR NEWS イム・ギョンジン記者 / 翻訳:西谷瀬里)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。




TXT

2019年3月4日にデビュー。
BigHitエンターテインメントが、BTS以来5年9ヵ月ぶりに輩出したグループで、デビュー前より“BTSの弟”として注目を浴びていた。

デビューアルバムは「The Dream Capter:STAR」で、タイトル曲は「ある日頭から角が生えた(韓国名 어느날 머리에서 뿔이 자랐다 / CROWN)」。

TXT 最新記事はこちら(352)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs