神話(SHINHWA)のアンディが、JTBCトークバラエティー『知ってるお兄さん』に出演し、メンバーの不仲説について言及。彼の発言に注目が集まった。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

神話(SHINHWA)のアンディが、メンバーの不仲説について言及し、彼の言動が耳目を集めた。

7月17日、JTBCトークバラエティー『知ってるお兄さん』には、第1世代のアイドルグループであるBaby V.O.X(ベイビーボックス)のカン・ミヨン、ユン・ウネ、神話(SHINHWA)のチョンジンとアンディが出演。

メンバー間の不仲説について口を開いたアンディ

メンバー間の不仲説について口を開いた神話(SHINHWA)アンディ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

この日、アンディとチョンジンは、最近の不仲説に言及。アンディは「僕はSNSをしないけど、事務所から状況を訊ねられる電話がきた。僕も知らないことだった。(2人と)電話すると、誤解が積み重なっている状況だった」と説明した。

続けて「お互いの連絡先を渡したが、僕に連絡がきた。それではダメだと思い、“会おう”と提案した」とし「昔のように殴り合いになるんじゃないかと心配で、もう1人メンバーを呼んで、4人で会った」と当時を振り返る。

2人がけんかに発展した理由については「会話がないせいで積み重なった誤解だ」と語った。チョンジンも「グループチャットで話せばいいのに、わざわざSNSに文章を載せたので、事が大きくなってしまった」と付け加えた。

現在は、「互いに会話をたくさんする」と明かしたアンディは、「何故このように(僕たちを)苦しめるのか? 1回でも電話すれば良いのに」と言って笑った。

2021年3月、神話のリーダーエリックが自身のインスタグラムで突然「キム・ドンワンが6年もの間、自身からの連絡を避けるどころか疎通を遮断、公開狙撃などの政治的行為を行った」と明かし、グループの不仲説が浮上。

(関連記事)神話(SHINHWA)に一体何が?突如立ち込めたメンバー不仲説の背景

これにキム・ドンワンもSNSを更新し、「もっとコミュニケーションを取ってくれたら、こんな経験せずに済んだのに、残念だ」と反論し、2人がネット上で舌戦を繰り広げていた。

その後、直接話し合う機会を持ち、無事仲直りしたことを報告している。


メンバー間の不仲説について口を開いたアンディ(動画出典:YouTube 아는형님)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース