SHINee(シャイニー)のオニュが、JTBCバラエティー『パラドンパダ(望んでいた海)』で、シンガーソングライターのキム・ドンリュルの楽曲『Reply』と、キム・ボムスの『Sadness Guide』を即興で公演した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

SHINee(シャイニー)のオニュが、キム・ドンリュルの『Reply』とキム・ボムスの『Sadness Guide』を公演した。

スマートフォンで歌詞を見ながらも即興ライブに完璧に対応したオニュ

スマートフォンで歌詞を見ながらも即興ライブに完璧に対応したSHINeeオニュ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

7月13日に放送された、JTBCバラエティー『パラドンパダ(望んでいた海)』では、SHINee(シャイニー)のオニュや、BLACKPINK(ブラックピンク)のロゼなどが出演し、様々な曲を披露した。

この日オニュは、薄いベージュ色のセーターにホワイトパンツを履き、エプロンを付けたまま公演。MELOMANCE(メロマンス)のチョン・ドンファンがピアノを担当し、zai.ro(ザイロ)がギターを弾いて伴奏に参加した。

オニュは「(ステージに)行って歌いましょうか?」と言って、ステージに上がる。「思いがけず、“知っている歌はあるか?”ということで、歌詞もスマートフォンを見ながらやってみようと思います」と即席公演を準備した。

まず最初に歌ったのは、キム・ボムスの『Sadness Guide』だった。彼は即興だったにも関わらず、特有の音色で、まるで自分の歌のように歌唱する。

そして、MELOMANCEのチョン・ドンファンは「キム・ドンリュルさんの歌も歌えるんじゃないですか?」と質問。オニュは「歌えるかわからないけど、やってみます。『Reply』で大丈夫ですか?」と次曲を選ぶ。これを聞いた俳優のイ・ドンウクは「その歌のミュージックビデオは、僕が撮影しました」とビハインドを公開した。

オニュは「ミュージックビデオが必要だったら、後ろを見ていてください」と言い、『Reply』を披露する。歌詞を見ながら歌ったが、ミスなく終えた。

ネチズン(ネットユーザー)は、「うさぎのようにさらりと走って行って、こんなに歌が上手なの?」「低音も良いね」「即席公演なのに、こんなに上手だなんて」などの反応を見せている。

JTBCバラエティー『パラドンパダ(望んでいた海)』は、火曜日午後9時に韓国で放送されている。

『パラドンパダ』で美声を披露したSHINeeオニュ。(動画出典:YouTube パラドンパダ)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

SHINee(シャイニー)

SHINee(シャイニー / ハングル 샤이니)は、2008年5月にSMエンターテインメントからデビューした韓国の男性アイドルグループ。
SMエンターテインメントから2005年にデビューしたSUPER JUNIOR以来3年ぶりのボーイズグループで、コンテンポラリーバンドというコンセプトのもとデビューした。
デビューアルバムは「누난 너무 예뻐(Replay)」で、2008年5月25日にSBS人気歌謡の舞台でデビューを果たした。

SHINee(シャイニー) プロフィール&記事(119)

人気ニュース

SHINee(シャイニー) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース