SHINee(シャイニー)ミンホ(本名チェ・ミンホ)の父親のチェ・ユンギョムはフットボールマネージャーであり、かつて国家代表としても活躍したことがある。引退後はトレーナー、コーチ職を経て、監督に昇格した経歴を持つ。そんなチェ前監督がクリスティアーノ・ロナウドについて言及したことがある。一体何を語ったのだろうか?

SHINee(シャイニー)ミンホ(本名チェ・ミンホ)の父親で、フットボールマネージャーのチェ・ユンギョムへの関心が高まっている。

SHINee_ミンホ

SHINeeミンホの父は、江原FCの監督を務めたチェ・ミンホの次男。(画像出典:オンラインコミュニティー)

1962年生まれで満59歳になるチェ前監督は、かつて油公(ユゴン)コッキリ(現・済州ユナイテッド)からサッカーのプロ選手としてデビューし、国家代表として活躍した経歴を持つ。

現役引退後はトレーナーやコーチ職を経て、2001年富川(プチョン)SK(現・済州ユナイテッド)の監督代行を引き受けた後、監督に昇格。2003年*Kリーグ大田(テジョン)シチズン(現・大田ハナシチズン)の監督に就任し、高い評価を受けている。

*Kリーグ:大韓サッカー協会(KFA)傘下の、韓国プロサッカー連盟が運営する韓国のプロサッカーリーグ。

当時、”サッカー特別市大田”と呼ばれるほどで、チームも好成績を残したが、その後、イ・ヨンイクコーチの暴行事件に関連し、2007年にチームを解任。トルコへ渡り研修を受けた後、2011年にベトナムVリーグ ホアンアイン・ザライFC監督に赴任し、2014年までチームを率いた。

2015年には江原(カンウォン)FCの監督に着任し、Kリーグに復帰。2年ぶりにチームをKリーグ1に導いたが、その後、成績不振により監督を辞任。

以降、釜山(プサン)アイパーク、済州(チェジュ)ユナイテッドなどを率いてきたが、チーム昇格には結びつかず、また降格を防ぐこともできなかった。現在は指導の立場から離れて過ごしている。

チェ前監督は江原監督時代、当時のクリスティアーノ・ロナウドについて「組織力に合わない選手は、うちのチームカラーに合わないと思う」と発言、昨年Kリーグ選抜とユヴェントスの親善試合をC・ロナウドが欠場する事態が起きたことで、監督の発言が再び注目を集めたこともある。

彼の次男であるミンホは父の背中を追ってサッカー選手を夢見ていたが、チェ前監督の強い反対で夢を叶えることができなかった。

当時、ミンホの体格が細く華奢だったため、怪我をするのではないかと心配しており、厳しいサッカー選手の道を歩まないことを望んでいたという。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

SHINee(シャイニー)

SHINee(シャイニー / ハングル 샤이니)は、2008年5月にSMエンターテインメントからデビューした韓国の男性アイドルグループ。
SMエンターテインメントから2005年にデビューしたSUPER JUNIOR以来3年ぶりのボーイズグループで、コンテンポラリーバンドというコンセプトのもとデビューした。
デビューアルバムは「누난 너무 예뻐(Replay)」で、2008年5月25日にSBS人気歌謡の舞台でデビューを果たした。

SHINee(シャイニー) プロフィール&記事(133)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

SHINee(シャイニー) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース