ONEUS(ワンアス)の所属事務所から海外ツアーの告知文が提示され、新型コロナウイルスの深刻さを不安に思うファンダムはボイコット宣言を掲げている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ONEUS(ワンアス)の海外ツアーの告知文が提示され、ファンダムはボイコット宣言を出した。

海外ツアー開催を告知したONEUSの事務所にファン激怒!

ONEUSの海外ツアー開催を告知した事務所にファン激怒!(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

7月21日、ONEUSの所属事務所であるRBWエンターテインメントは、ONEUSの公式*ファンカフェに「ONEUS海外ツアーに関する案内」という告知文を掲載。

*ファンカフェ:年会費などが不要な公式ファンコミュニティーサイト

RBWは「明け方に、ラスベガス会場でのONEUS海外ツアーに関するチケット告知がオープンとなり、ファンの方々に多くの心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません」と謝罪した。

「ツアー告知とチケットオープン日程を、現地のエージェンシーと議論する中、ラスベガス会場で、当社と協議が行われなかった日時にチケットオープンとなりました」と説明。

また「アーティストやファンの皆様の健康を、最優先で守るために、公演を行った場合はメンバーのワクチン接種や感染に対する危険度、そして現地の状況などを十分に考慮します」とし、防疫対策を講じている。

「アメリカ現地で公演を進める場合は、新型コロナウイルスのワクチン接種完了認証書とともに、マスクを着用したファンに限り、会場の入場及び観覧が行われるよう、現地会場に強く要求しているところです」とし、現地会場と交渉中である内容の一部を公開した。

しかしこのようなRBWの告知を見ても、ファンは“ボイコット宣言”を掲げている。「新型コロナウイルスのワクチンを接種したとしても、予防を保証することはできず、海外ツアーは時期尚早だ」という理由からだ。

アメリカ現地の状況が深刻なことも、ファンダムの懸念を増加させている。7月21日基準で、アメリカの新型コロナウイルスの新規感染者数は1万8377人だ。同日、ホワイトハウス職員の感染ニュースも伝えられ、さらなる不安を抱かせた。

ネチズン(ネットユーザー)は「ツアーの問題ではなく、信頼の問題だ。アーティストの健康を優先するなら、中止しなければ」「韓国国内のコンサートも中止される状況で、海外ツアーとは‥」などの反応を見せている。

それでもONEUSの海外ツアーを強行するのかどうか、国内外から関心が集まっている状態だ。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

ONEUS

ONEUS(ワンアス、ウォノス / ハングル 원어스)は2018年1月9日にデビューしたRBW所属のボーイズグループ。
デビューアルバム「LIGHT US」には、タイトル曲の「Valkyrie」をはじめ、「삐뚤빼뚤(くねくね)」「붉은 실(赤い糸)」「EYE CONTACT」など7曲が収録されている。
メンバーは、人レイブン(RAVN)、ソホ、イド、ゴンヒ(ゴニ) 、ファンウン(ファヌン)、シオンの6人。

ONEUS プロフィール&記事(30)

人気ニュース

ONEUS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース