放送前からマイナス要素で話題を集めているMnet『Kingdom:Legendary War』が、1次競演後に再び舞台制作費の公正性問題が再燃している。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

K-POPファン待望のMnetサバイバル番組『Kingdom:Legendary War(以下、Kingdom)』が、4月1日より本格的な放送開始となる中、放送前より問題となっていたステージ制作費公正性議論について、再び水面上に浮かび上がっている。

豪華なステージとパワフルなステージングで好評を博したTHE BOYZ

豪華なステージに加え完成度の高いパワフルなステージングで好評を博したTHE BOYZ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月8日に放送された『Kingdom』の第2回目の放送では”TO THE WORLD”をテーマに、第1回目の競演ステージが放送された。第1回当時、100秒パフォーマンスで行われた対面式ステージで、全体順位1位となったStray Kidsが競演順序を決定、THE BOYZとiKON、BTOB、Stray Kidsの順で構成し、ATEEZとSF9の順番は公開されず。

そしてiKONのステージが終わると、ネットユーザーの間でステージ制作費に関する話題が上り始める。それは視聴者の目に付くほど、3グループのステージ上にあるセットのクオリティーに大きな違いがあったからだ。

この日の放映でひときわ目立ったステージは、THE BOYZのステージだ。『No Air (A Song of Ice and Fire)』を披露した彼らは、人工雪と岩、火などの多様な技術を駆使したステージを作りあげ、好評を博す。しかしiKONとBTOBのステージは、THE BOYZほど積極的に技術を使用している印象が感じられなかった。

今度何番目に登場するのか期待されているATEEZ

今度何番目に登場するのか、期待されているATEEZ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

これに先立ち、先月29日に行われた第1次競演収録のステージ制作費用上限が、500万ウォン(約48万円)で設定されたというが、一部のグループのステージではその上限を超えたセットが使われており、このため他グループが制作陣に抗議することが発生したと伝えられ、議論を呼んでいた。

以降明らかになったところによれば、制作陣は再び意見を調整して費用の上限をなくしたものの、コミュニケーション不足で3グループにだけ、その内容が伝わっていたという。そのため制作陣は、公正性を巡る議論について謝罪し、「特定チームを後押しするための意図はなかった」と釈明している。

もちろん、今回の制作費公正性議論は、制作陣に責任があり、出演アーティストには何ら責任はない。しかし、視聴者が見ても分かるほどの差が出たステージが繰り広げられ、第1次競演でこれによるハンデ、または被害が発生しないとは断言できない。

今後のステージがきちんと公正性を持ったセットであることを祈って‥。

『Kingdom』今後のステージが、きちんと公正性を持ったセットであることを祈って‥。

第2次競演からは、全て統一の上で出発したとしても、第1ボタンが掛け違えられた状況で、視聴者の疑惑を解消できるかは疑問だ。

第1次競演以降、フルバージョンステージの照会数が一番高いグループはiKONで、9時間で80万ビューを達成。THE BOYZが48万ビュー、BTOBが43万ビューと続いている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



THE BOYZ

2017年12月6日に『THE FIRST』でデビュー。

ソウル回基洞慶熙大学「平和の殿堂」で、デビューショーケースを行った。

韓国人のサンヨン、ヨンフン、ヒョンジェ、ジュヨン、ニュー、キュー、チュ・ハンニョン、ソヌ、エリック、ファヌと、カナダ国籍のジェイコブ、ケビンの12人でデビューしたが、2019年ファヌが健康上の理由でグループを脱退。

現在は11人で活動している。

THE BOYZ プロフィール&記事(12)

最新ニュース

おすすめニュース