KARA(カラ)のホ・ヨンジが、DSPメディアと再契約し、再び縁をつなぐことが明らかになった。DSPメディアも「全面的な支援を惜しみなく行う予定だ」と公式立場を明かした。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

KARA(カラ)のホ・ヨンジが、DSPメディアと再契約したことが明らかになった。

DSPメディアと再契約を締結したことが明らかになったホ・ヨンジ

DSPメディアと再契約を締結したことが明らかになったKARAのホ・ヨンジ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月18日、DSPメディアの関係者は、韓国メディアtopstarnews(トップスターニュース)との電話インタビューで、「長い間共に歩んできた所属アーティストのホ・ヨンジと、再契約を結んだ」と伝えた。

これに先立ち、JTBCが芸能界関係者の言葉を借りて、「KARA(カラ)のホ・ヨンジが、DSPメディアと再契約を結んだ」と報道。

2014年『KARAプロジェクト』に出演し、KARAに合流したホ・ヨンジは、グループ活動を通して『Mamma Mia』や『CUPID』などを発表する。その後、tvN『また!? オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来〜(2016)』やJTBC『真夏の思い出~一度きりのサマーラブ(2017)』などに出演し、女優活動にも励んだ。

ホ・ヨンジは、ウェブバラエティー『Latte World』、『キム・ボソンの義理ビュー』、『6時君の故郷』などに出演し、バラエティーセンスも披露している。tvNバラエティー『コメディビッグリーグ』やKakaoTV『Change Days』などで、MCとしても活躍中だ。

ホ・ヨンジは、放送人の姉であるホ・ソンヨンと一緒に、YouTube(ユーチューブ)チャンネル『ホ姉妹TV』を開設。V LOGやレシートレビューなどのコンテンツを提供していたが、2021年3月以降、新たな映像のアップロードがない状況だ。

最近ホ・ヨンジは、tvN『ドラマステージ2021‐パク・ソンシルさんの第4次産業革命』に、相談員のチェ・ミヨン役として出演した。

以下、所属事務所DSPメディア側の公式立場

こんにちは。DSPメディアです。
DSPメディアは、長い間共にしてきた所属アーティストのホ・ヨンジと、再契約を結びました。

今後もアーティスト ホ・ヨンジの活動に対し、全面的な支援を惜しみなく行う予定です。

いつも声援を送ってくださるファンの方々にもう一度感謝し、アーティスト ホ・ヨンジが作っていく未来に、さらに温かい愛と関心をお願いします。

ありがとうございます。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース