カン・ダニエルはSBS MTV『THE SHOW』に出演し、ニューアルバム『YELLOW』のタイトル曲『Antidote』を披露。見事1位を獲得したのだが、アンコールステージの姿に賛否両論が巻き起こった。その理由とは‥。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

歌手のカン・ダニエルが、ガオンチャートで4冠王に輝き、変わらぬ人気を誇示したが、思わぬ論争に巻き込まれている。

アンコールステージで賛否両論が巻き起こってしまったカン・ダニエル

カン・ダニエルのアンコールステージで賛否両論が巻き起こってしまった。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月20日、カン・ダニエルはSBS MTV『THE SHOW』に出演し、ニューアルバム『YELLOW』のタイトル曲『Antidote』を披露。

『YELLOW』の、発売初週の販売量が31万6542枚を記録し、歴代ソロアーティストの初動順位8位に躍り出た。

『THE SHOW』では、強大な成績でSTAYCとASTROを抑え、1位を獲得。

問題は、アンコールステージで発生した。

カン・ダニエルは『Antidote』を再びライブで披露したのだが、笑顔を見せながら軽いトーンで歌唱し、途中で音程を外すと「喉が痛い」と発言。

そんな彼の姿を見た、ネットユーザーが「(1位が取れた)誠意が感じられない」「(アーティストとして)もっと練習が必要」「自分の歌じゃないみたい」など、批判的なコメントを残す一方で、「音域が合っていないとそうなる」「喉の調子が良くないみたい」「本人の音域で歌えば上手だよ」という擁護意見も。

カン・ダニエルは、今月21日に放送されたMBC M『Show Champion』でも1位を手にして2冠王となったのだが、この時のアンコールステージでも前述同様の意見が散見された。

(関連動画)練習不足?体調不良?カン・ダニエル ‘Antidote’ アンコールステージ

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

カン・ダニエル

韓国出身の男性歌手。
Wanna One(ワナワン / ハングル 워너원)の元メンバー。
2017年韓国で放送されたオーディション番組「Produce 101 season2」に出演し101名の練習生の中で最終的に1位を獲得しデビューした。
ファンクラブ名は彼の名前“Daniel”に接尾語“-ity”が組み合わさった造語「DANITY(ダニティ)」。

カン・ダニエル プロフィール&記事(135)

人気ニュース

カン・ダニエル 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース