日韓12人組ガールズグループ・IZ*ONE(アイズワン)は、予定通り4月29日をもって解散した。既に日本へ帰国の途に就いたメンバー、宮脇咲良が出国前に聴いていた曲を明かし、話題を集めている。 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

IZ*ONE(アイズワン)出身の宮脇咲良が、韓国出国当時の後日談を明かした。

日本のラジオでIZ*ONEについて語った宮脇咲良

日本のラジオで、IZ*ONEについて語った宮脇咲良。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月5日、宮脇は日本で放送されているラジオ、bayfm78『今夜、咲良の木の下で』で、IZ*ONEについて言及。

彼女は現在もIZ*ONEの活動当時の映像を見ていると話し、解散直前にはメンバー全員と別れの挨拶をしたという。

宮脇は普段、空港へ行く車の中では寝てばかりいたが、日本へ帰る日は眠る事ができず、また空港までの道のりがあっという間に感じられたそうだ。初めは矢吹奈子、本田仁美と楽しい音楽を聴いていたという宮脇は「みんなを泣かせるつもりで、IZ*ONEのバラードを流した。悪い子でしょう?」と冗談交じりに話した。

しかし、『DESTINY』『夢を見ている間』などを聴いていたら、不覚にもいたずらを仕掛けた自分自身も切ない気持ちに。「ファンの皆さんや、記者の方たちも(空港に)来てくださって、泣きそうでした」と打ち明けている。

また「韓国のファンの皆さんと会ったのが、約1年ぶりくらいだったので、まずそのことに感動しちゃって。『気を付けて帰ってね』『また戻って来て』と言ってくれて、さらに感動しました」と
伝えた。

「2年半前には、IZ*ONEになるために3人で韓国に来たから、その時は『よく来たね』『頑張れ』って言ってくださった。2年半の間、私たちは日本人なのに、活動を温かく受け止めて楽しく過ごしてくれて、本当に感動しました」と付け加えた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) 最新記事はこちら(374)






[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs