iKON(アイコン)メンバーJAY(ジェイ)のファンダムが、捨て犬保護施設に飼料を寄付していたことが明らかになり、これまで行ってきた地道な活動が、JAYの思いを見習ったという良い影響力を見せつけた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

iKON(アイコン)メンバーJAY(ジェイ/本名、キム・ジンファン)のファンが、善行で良い影響力を発揮した。

iKONメンバーJAYのファンの地道な善行が明らかになった

iKONメンバーJAYのファンダムによる、地道な善行が明らかになった。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

9月15日のiKONデビュー6周年を記念して、JAYのファンコミュニティー”キム・ジンファンギャラリー”は、捨て犬保護施設に飼料1トンを寄付。

これは、”輝くスター”と”輝くファン”の美しい行動だと言わざるを得ない。

何より、正しいファンダム文化を定着させるお手本であり、また韓国国民の40%以上の家庭で、愛犬と愛猫が生活しているという現状では、より一層捨て犬に対する社会問題は、大きくなりつつある。

そんな現実的な問題において、今回の”キム・ジンファンギャラリー”の寄付活動は、もう1つの善良な影響力と言えるだろう。

“キム・ジンファンギャラリー”は、JAYの誕生日とデビュー記念日に、彼の本名で”1004″寄付リレーを3年続けて実施している。

これまで、水害救護物品や新型コロナウイルス救護物品、練炭寄付など、社会的弱者のために寄付を行ってきたが、今回は捨て犬保護施設”KDS コリアンドッグス・レインボー休憩所”に、ハリムペットフードの良質な原材料を使用した、ヒューマングレードの飼料1トン(1004kg)を寄付した。

JAYは、過去にある番組で「僕は犬がすごく好きです。お金をたくさん稼いで、犬の保護施設を作るのが夢です。昔、獣医師になることを夢見たくらい動物が大切で、愛しています」と話していた。

そんな彼の思いを見習ったファンが、気持ちを1つに集めて実践された寄付活動は、まさに彼の影響力の賜物だと言える。

“キム・ジンファンギャラリー”は「この小さな手助けで、保護施設の捨て犬たちに温かな救いの手が届くことを願い、これによる善行な影響力が拡散されることを望みます」と明かし、深い寄付の意義を説明。

また「iKONの長男であり、メインボーカルを務めるJAYの様々な活動を応援しながら、彼のソロ活動も期待し、これからも1004寄付リレーを地道に続けていくこと約束します」と宣言している。

“輝くスター”と”輝くファン”が、一緒に作る善良な影響力の実践により、正しいファンダム文化を定着させようと努力する人々がいるからこそ、韓国の大衆文化はさらに発展するということを証明してくれた。

これからのJAYと、”キム・ジンファンギャラリー”が見せてくれる美しい行いがどこまで続くのか、楽しみにしたい。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

iKON

iKON(アイコン / ハングル 아이콘)は、2015年にYGエンターテインメントからデビューした韓国の男性7人組ヒップホップアイドルグループ。

メンバーは、JAY(ジェイ)、SONG(ソン)、BOBBY(バビ)、DK(ディーケイ)、JU-NE(ジュネ)、CHAN(チャン)の6人で、元メンバーのB.I(ビーアイ)は2019年6月脱退した。

グループ名は、英語「icon」のCをKに変えたもので、K-POPを代表するアイコンになるという意味が込められている。

iKON プロフィール&記事(78)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

iKON 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース