GFRIEND(ジーフレンド)が今月の5月22日をもって、所属事務所との契約が満了すると発表。順調なグループ活動を行っていた彼女たちが今後どうなるのか、国内外のファンが不安を抱く事態が発生している。日本のツイッターでも「#ヨチン解散」というハッシュタグがトレンドに上がっている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

日本でも”ヨチン”という愛称で高い人気を誇るガールズグループのGFRIEND(ジーフレンド)が、Source Music(ソース・ミュージック)と決別する。

突然の事務所契約満了が知らされたGFRIEND

突然の事務所契約満了が報じられたGFRIEND。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月18日、Source Musicは「当社の所属アーティストであるGFRIENDとの専属契約が、5月22日に終了する」と公式立場を明かした。「GFRIENDと当社は長く深く悩み、議論の末、それぞれの道でより良い姿をお見せするという意見で一致した」と説明。

また、同事務所は「GFRIENDはこの6年間、多様なコンセプトとパフォーマンス、音楽でガールズグループの新たな世代を開きながら、K-POPのファンからたくさん愛された」とし「決して短くない時間を、Source Musicと共に歩んでくれた彼女たちに心から感謝を伝えたい」と伝えている。

そして「これまでGFRIENDを愛してくださったBUDDY(ファンクラブ名)をはじめ、全てのファンの方たちに深い感謝を申し上げる。多様な分野で活躍を始めるであろうメンバーに、変わらぬ愛と応援を送っていただくようお願いする」と大衆へお願いした。

最後に「私たちSource Musicも、より良い明日に向けて、新たな一歩を踏み出すメンバーを応援する」と付け加えた。

GFRIEND(ソウォン、イェリン、ウナ、ユジュ、シンビ、オムジ)は、2015年に『Season of Glass』でデビュー。『今日から私たちは』『Rough』『NAVILLERA』『FINGERTIP』『Fever』『MAGO』など、多くのヒット曲を生み出している。

2019年には、Big Hitレーベルと合流し『回:LABYRINTH』『回:Walpurgis Night』などを発表。変化を試みて好評を得た。

この突然の知らせに、グループが解散するかどうか、メンバーの今後の所属事務所にも関心が集まっている。

韓国だけでなく、ここ日本でも、GFRIENDの契約終了の報せは、ツイッターのトレンドを揺さぶっており「ヨチン解散」というハッシュタグがトレンドに上がっている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

GFRIEND (ヨチン)

GFRIEND(ジーフレンド)はソウォン、イェリン、ウナ、ユジュ、シンビ、オムジの6人メンバーで2015年1月にデビュー。

「いつも一緒にいる友人のような良い音楽で、みんなのそばにいたい」というテーマを掲げ、叙情的なメロディーと強烈なパフォーマンスで、独自性に富んだ彼女たちならではのジャンルを確立し、韓国を代表するアーティストへと飛躍を遂げた。

2020年に入り、ビジュアル・音楽面における大幅なイメージチェンジに成功。全世界から熱い関心を受けている。

GFRIEND (ヨチン) プロフィール&記事(43)

人気ニュース

GFRIEND (ヨチン) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース