CNBLUE(シーエヌブルー)のメンバー、カン・ミニョクが手の中指を骨折した。カン・ミニョクは個人のYouTube(ユーチューブ)チャンネルに、AOA(エーオーエー)のメンバーのソリョンと一緒にクライミングに挑戦。その撮影の際に負傷したという。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

CNBLUE(シーエヌブルー)のメンバー、カン・ミニョクは11月8日、自身のインスタグラムに「あの上に置いてきた僕の指の骨を返してください‥まだくっつきません #Hobby Binger #YouTubeの有望株 #骨折」というコメントと共に、数枚の写真を掲載。

自身のYouTubeチャンネル企画でクライミングに挑んだミニョクだったが‥

自身のYouTubeチャンネル企画でクライミングに挑んだカン・ミニョクだったが‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

公開された写真には、屋外でロッククライミング中の彼の姿が収められている。

これに先立ち、11月4日にカン・ミニョクは個人のYouTube(ユーチューブ)チャンネル『Hobby Binger』を通して、事務所の後輩であるAOA(エーオーエー)のメンバーソリョンと一緒にクライミングに挑戦した映像をアップロード。

彼はロッククライミング中に突然指の痛みを感じ、降りた後に「僕の指がおかしい」と吐露。これに対して専門家は「ロッククライミングの装備に、指が挟まれたと思う」と説明した。

そして11月5日、インスタグラムで手指のレントゲン写真を公開、近況を伝えた。

「本当に痛かったけど、自分でも気付かないうちに最後まで登ってました。1カ月が過ぎましたが、まだ骨がくっつきません。指が固まり始めたので、とりあえず動かしてみます」と、切なさを表している。

CNBLUEは、10月20日に9枚目のミニアルバム『WANTED』をリリース。タイトル曲『Love Cut』でカムバックを果たした。

当時は指を負傷していたことは明かさず、音楽番組に出演していたようだ。指先を使う仕事なだけに、ヒヤリとする出来事であった。

CNBLUEカン・ミニョクの公式Instagramを見る(外部リンク)

骨折の決定的瞬間が収められた? クライミングするミニョク。(動画出典:YouTube Hobby Binger)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

CNBLUE

FNCエンターテインメント所属のCNBLUE(シーエヌブルー / ハングル 씨엔블루)は2010年1月14日にデビューした韓国の3人組ロックバンド。

2019年入隊中だったイ・ジョンヒョンが「セクハラDM論議」が浮上。これに対して謝罪すると共に、チームを脱退することが明らかとなった。その後、3人体制で活動を継続することに。

2019年11月に、メインボーカルのジョン・ヨンファが除隊、翌年3月にカン・ミンヒョクとイ・ジョンシンが揃って除隊し、2020年に約4年ぶりにミニアルバム『RE-CODE』をリリースし、完全復帰を果たした。

CNBLUE 最新記事はこちら(51)






[su_spacer size=”30″]

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs