連日、芸能人の校内暴力疑惑が後を絶たず、これに合わせて未成年時に法律違反な行為をしていたという話もたびたび浮上する。そんな中、広告契約条件に『飲酒写真』についての項目が追加されたと、話題になっている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国の広告契約に、新たな項目が加わったと伝えられた。

焼酎の広告はチョロンとの再契約を慎重に進めている。

焼酎の広告はApinkチョロンとの再契約を慎重に進めている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月14日、韓国のメディア・日韓スポーツは、ある所属事務所関係者の証言を引用して「広告契約を進める中、新たに登場した条項が確認され当惑している。広告モデルとして契約する芸能人が、契約期間中に学生時代の飲酒している写真が出た場合、契約金の2倍を支払うという条件が加えられた」と報道。

この関係者は、「過去の犯罪歴などを隠していたり、所属事務所もその事実を知らず、後に知られて問題となった場合は違約金を支払う事もあるが、未成年者時代の飲酒写真が1枚でも流出した時に、違約金を支払うという条項が加わったのは、最近芸能界で浮上している校内暴力議論のためだろう」と説明している。

さらに報道によると、所属事務所は困惑した状況だという。ある芸能界関係者は、このメディアを通して「該当芸能人に広告契約を前に、過去に問題となった行動をしたか、証拠写真の存在する可能性はあるかと質問することはできる。しかし、芸能人の言葉を全面的に信じる以外なく、本人もいつどこで、どんな行動を撮られているかわからないため、過去の行動を条件に契約するというのは気が引ける。そのせいで簡単に契約することができない」と明らかにした。

また、広告業界関係者は「”これまでやむを得ない天災地変、死亡などを除いた芸能人の社会的物議によってもたらされた被害”という曖昧な表現のせいで、所属事務所と広告会社間のいざこざが勃発している。これから広告契約違反条件は、少しずつ具体化されていくだろう」と言及。

しかしながら「2000年代に入り“麻薬・性被害・暴行・詐欺・密輸”など、芸能人の重大な犯罪事実に関する項目が追加され始め、2010年代に入ってからは”賭博・飲酒運転・セクハラ・兵役忌避”が追加された。最近は、校内暴力、学生時代の飲酒、喫煙に対する議論に敏感なため、契約条項に取り上げられている」と付け加えた。

最近、Apinkリーダーのパク・チョロンは、未成年者であった頃の飲酒議論や校内暴力疑惑に巻き込まれており、モデルとして活動している焼酎の広告再契約の有無が不透明になっている状況だ。

パク・チョロンと焼酎の広告モデル契約は今月14日で終了。ロッテ酒類の忠清北道(チュンチョンプクト)焼酎の経営陣は、最近浮き彫りになった校内暴力議論についての事態を把握しており、再契約には慎重な姿勢を見せている。



ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

Apink

2011年4月19日にデビューした韓国の6人組ガールズグループApink(エイピンク / ハングル 에이핑크)。リアリティー番組から誕生したグループで、コンセプトは妖精。

グループ名の由来は、最上級のAに少女らしさのpinkを合わせてApinkとなった。

メンバーは、リーダーのパク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、ソン・ナウン
キム・ナムジュ、オ・ハヨン。

Apink プロフィール&記事(34)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

Apink 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース