BTS(防弾少年団)のメンバー V(ブイ)のタイファンアカウント”Mollys4Tae”が、彼の誕生日に合わせて、冬の間貧困と厳しい寒さに苦しんでいる人々にフード付きトレーナーを寄付したことを明かした。この他にも世界各地で寄付活動が行われ、寒い冬を熱く盛り上げている。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)V(ブイ)のタイファンが、貧困と寒さで苦しんでいる人々に紫色のフード付きトレーナーを寄付したという、心あたたまるニュースが届けられた。

BTSのメンバーV

BTS Vのタイファンによる善行が伝えられた(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Vのタイファンアカウント”Mollys4Tae”は、12月30日のVの誕生日に合わせて、冬の間貧困と厳しい寒さに苦しんでいるタイ北部の山岳地帯の村に暮らす人々に、フード付きトレーナーを寄付したことを明かした。

彼からもらった愛情と思いやりの気持ちを広く伝えようという思いが込められたフード付きトレーナーは、BTSとARMY(アーミー:BTSファン名称)を象徴する紫色で、”WINTER BEAR BY BTS V”のロゴがプリントされている。

そして村の人々がトレーナーを着て幸せそうな笑みを浮かべている写真を共有し、「2年前テヒョン(Vの本名)に出会ってから、12月が私にとって特別な月になりました」「言葉では言い表せない感情を感じました。テヒョンのおかげでこのプロジェクトが成功しました」「ほとんどが、1年を通して寒さで大変な思いをしている山岳村のお年寄りの方々です。紫がとてもよく似合っています。すべてテヒョンのおかげです」とコメントし、深い感動を与えた。

今回のプロジェクトには、Vが2016年のファンミーティングで「虹の最後の色である紫のように、相手を信じて、互いに末永く愛し合おう」という意味で口にした”보라해(ボラヘ)”から由来した紫色が使われており、その意味をさらに深めている。

“Mollys4tae”は、普段からたゆまぬ寄付活動を行ってきたアメリカのファンベース”TAEHYUNG USA”と、ファンアカウント”Kindness4Tae”からインスピレーションを受けたことを伝え、感謝の意を表した。

この他にもVの誕生日を迎え、グローバルファンが地域社会で喜びを分かち合うための寄付活動で心温まる感動を与えている。

韓国ファンベース”V INSIDE”とグローバルファンベース”BTS V UNION”もまた、子どもたちのための国際援助団体”セーブ・ザ・チルドレン”と連携し、国内低所得危機家庭の子どもたちを助けるため”Winter Vear 2021″キャンペーンを展開。

中国最大のファンクラブ”BAIDU V BAR(バイドゥ・V・バー)”は2021年、”テヒョン希望小学校”建設を始め、美術教室を作って美術道具などを支援したり、山間地域のお年寄りに防寒着や防寒用品を寄付するなどの活動を行っている。

全世界各地にいるVのファンは、彼の誕生日をきっかけにレジェンド級のイベントと寄付活動などのサポートを行い、寒い冬を熱く盛り上げ感動を伝え続けている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2128)

[su_spacer size=”30″]





Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs