ガールズグループのBrown Eyed Girls(ブラウン・アイド・ガールズ)メンバーガインが、プロポフォール投薬の疑いで罰金刑を受けたことを認め、謝罪した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

Brown Eyed Girls(ブラウン・アイド・ガールズ)のメンバー、ガインがプロポフォール投薬の疑いで罰金刑を受けていたことが明らかになった。

プロポフォール投与の疑いで罰金刑を受けていたことが明らかになったガイン。

プロポフォール投与の疑いで罰金刑を受けていたことが明らかになったBrown Eyed Girlsのガイン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

7月1日、彼女の所属事務所であるMYSTIC STORY(ミスティックストーリー)は「ガインは、昨年プロポフォールに関する略式起訴を経て、100万ウォン(約96,000円)の罰金刑処分を受けたことは事実です」と、公式立場を明かした。

続けて「ガインと所属事務所スタッフ全員が、社会的に正しくない行動だったと認知しながらも、直ちに過ちを謝罪せず突然のニュースでさらにご心配をおかけした点について、深くお詫び申し上げます」と伝えている。

「何よりも長い自粛期間中、愛情を持って待っていてくださったファンの皆さんの期待に添えないニュースを伝えることになり、胸が痛いです」と説明。また「数年にわたりお話しできなかった事情があり、アーティスト個人の苦痛が加わったにもかかわらず、アーティストと運命共同体として共に歩まねばならない所属事務所も、そこから脱する賢明な方法が見つかりませんでした。この不足部分に対し、所属事務所として責任を深く痛感しています」と明かした。

「今後、ガインとMYSTIC STORYは成熟した姿でファンの皆さん、そして大衆の前に立てるようさらに繊細に真摯な気持ちで、最善を尽くすよう努力いたします。改めて、ご心配をおかけしたことを、心より謝罪申し上げます」と頭を下げている。

これに先立ち、6月25日に有名ガールズグループメンバーにプロポフォールを投薬し、*エトミデートを販売した70代整形外科医が、控訴審で懲役1年6カ月と罰金刑を宣告されたという事実が伝えられた。

*エトミデート:静脈麻酔薬

同月30日の報道によると、整形外科医にプロポフォールを投薬されたガールズグループメンバーは、罰金100万ウォンの略式起訴で今年初めに刑が確定。その人物は、2019年の7月から8月の間にプロポフォールを投薬した疑いを認めたという。

そしてその該当人物が、Brown Eyed Girlsのガインであることが判明し、波紋を呼んだ。

6月24日には、YouTube(ユーチューブ)チャンネル『文明特急』で、ガインのソロ曲である『Carnival(The Last Day)』が話題となり、彼女の近況に注目が集まっていた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース