The East Light.リーダー イ・ソクチョルが記者会見で語った非道な虐待の真相に迫る。

先日K-POPファンを震撼させた6人組ボーイズバンドThe East Light.のメンバー達がプロデューサーから暴行を受けていたというニュース。

プロデューサーによる暴力問題で注目の的になったThe EastLight

プロデューサーによる暴力問題で注目の的になったThe EastLight(出典:Twitter)

The East Light.と言えばPRODUCE101 シーズン2で最年少練習生として注目を集めていたイ・ウジンが所属していたグループということでも有名ですよね。

PRODUCE101で「小ウジン」で親しまれたイ・ウジン

PRODUCE101で「小ウジン」で親しまれたイ・ウジン(出典:Instagram)

メンバー全員が未成年であるという若さにも関わらず、メンバーの一人一人が優れた音楽の実力を持っているという点から今後が期待されていたグループでもありました。

その期待通り、音楽番組やYouTubeチャンネルなどを通じて高い音楽性を披露していたThe East Light.。
その動画内で彼らは楽しそうに美しい声で歌い、素敵な音楽を奏でている様子が見られます。


The East Light.の高い音楽性が伺える..Let Me Love You – The East Light. (DJ Snake ft. Justin Bieber Cover )

The East Light. 他人には言えない秘密があった..

一見楽しそうに音楽活動を行っているように見えた彼ら。
しかしそんな彼らがカメラの外では文字通り血の滲む思いをしていたということが判明し、人々はこの事実に絶句することとなりました…。

この事件が公となった後、10月19日に記者会見の場でこの事件の真相を語ったThe East Light.のリーダー、イ・ソクチョル。

The East Light.のリーダー、イ・ソクチョル

The East Light.のリーダー、イ・ソクチョル(出典:Instagram)

会見でソクチョルはこれまで自分を含めるThe East Light.のメンバーが所属事務所 Media Lineエンターテイメントのプロデューサーから受けた暴行の数々を告白しました。

記者会見で暴行を受けていた事実を暴露するソクチョル

記者会見で暴行を受けていた事実を暴露するソクチョル(出典:Youtube)

ソクチョル曰く、プロデューサーは約4年近くに及んでThe East Light.のメンバーたちに暴力を振るっていたとのこと。

野球バットや棒等で、腕立ての状態となったメンバーのでん部を幾度となく殴ったというプロデューサー。
暴行が行われた場所は地下の練習室からレコーディングスタジオ、更には屋上にまで及んだとソクチョルは語っています。

また、ソクチョルの実の弟であるイ・スンヒョンはプロデューサーによりスタジオ内に監禁されたこともあるとのこと。

イ・スンヒョン.. 暴行に監禁??

イ・スンヒョン.. 暴行に監禁??(出典:Twitter)

監禁されていた際、スンヒョンはプロデューサーから棒で50回以上体のあちこちを殴られるという暴行を受け、その結果彼のでん部や太ももには痣ができ、頭には切り傷を負ったそうです。

<イ・ソクチョルの代理人弁護士が提出した暴行の証拠写真>

子供たちは心にも傷を負った..

スンヒョンと同じ学校に通う生徒曰く、学校では明るい様子で過ごしていたというスンヒョン。
しかしそんなスンヒョンは現在プロデューサーから受けた暴力により心にまで傷を負い、精神科にかかっているそうです。

そして、スンヒョンが怪我を負わされたのと同じ日に、メンバーのイ・ウンソンもプロデューサーから棒で頭を殴られ、怪我を負わされていたとのこと。

その怪我の出血が酷かったにも関わらず、ウンソンの治療も行わず事務所の代表は彼らを番組に出演させたそう。

The East Light.のメンバー イ・ウンソン

The East Light.のメンバー イ・ウンソン(出典:Instagram)

おでこにある鮮明な傷..これももしかしたら??

おでこにある鮮明な傷..これももしかしたら??(出典:Instagram)

更にプロデューサーが暴行を行っている場面を事務所の会長が見ていたにも関わず、止めることも注意もしなかったことには驚きを隠せません…。

そんな驚きの事実が次々と語られる中、自分自身も練習の際にプロデューサーにギターのケーブルを首に巻き付けられたことがあると語ったソクチョル。
その際、ソクチョルは失敗をするごとに、首に巻かれたケーブルをプロデューサーに引っ張られるという状態で4時間も練習をさせられ、その結果首に傷が出来たといいます。

その他にも理不尽な暴力などの酷い仕打ちを受け続けながらもこれまでこの事実を公に出来なかった彼ら。
その理由はプロデューサーが彼らの夢を人質に取り、この暴力を教育だと正当化しながらThe East Light.のメンバー達を脅迫し続けたことにあるようです。

これにより、The East Light.のメンバー達は自身達の夢の道が途絶えてしまうことを恐れ、口を閉ざすしかなかった状況に追い込まれたとソクチョルは語りました。

会見でも記者会見の場に立つことに対する恐怖を口にしていたソクチョル。
18歳の若さでこのような公の場で自分たちが所属していた事務所の大人たちから受けた暴行を告白するということはどれほど勇気が必要だったことでしょう。
涙ながらにこのことを打ち明けた彼の胸中を考えるだけで胸が張り裂けそうなほどに痛みます。

涙を流するリーダー イ・ソクチョル

涙を流するリーダー イ・ソクチョル(出典:Youtube)

プロデューサー達からの報復に怯えながらも今回の暴行に関わった事務所関係者を告訴したソクチョルとスンヒョン。
残った4人のメンバーたちもMedia Lineエンターテイメントとの契約を解除することが決定したそうです。

The East Light.が受けた非道な虐待の真相..まとめ

今回の事件で心に大きな傷を抱えたであろう6人の少年たち。
将来が期待されるまだ若い彼らを傷つけた大人達に憤りを募らせている人は多いようで、現在Twitter等のSNSでは今回の事件に対する請願運動が広がっています。

今後同様の事件が起こらないこと、そしてThe East Light.のメンバーたちが音楽の夢を今回の件をきっかけに手放してしまわないことを祈るばかりです…。

[korea_sns_button]