SMエンターテインメントの人気グループから集結した「K-POP界のアベンジャーズ」ことSuperM(スーパーエム)。アメリカ・ビルボードのメインチャートにランクインするなど、デビューしてすぐに快挙を成し遂げているが、一方で彼らの戦略を問題視している有名YouTuberがいる。果たして彼の言う問題点とはどのような点なのか..

K-POPグループSuperM(スーパーエム)が、アメリカ・ビルボードのメインチャートに2週連続ランクインする快挙を見せている。

アメリカ市場で快挙を見せているSuperM

アメリカ市場で快挙を見せているSuperM(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SM Entertainment)

SuperMは先週、アジア人歌手のデビューアルバム史上初めて「ビルボード200」チャートで1位を記録。

また、10月22日(現地時間)に発表された「ビルボード200」でも11位にランクインし、最も人気のあるアーティスト順位を総合的な指標で評価する「アーティスト100」で7位、「インターネット アルバム」2位、「ソーシャル50」でも3位にランクインした。

このように、SuperMがアメリカ市場でK-POP旋風を巻き起こしている中で、韓国のある有名YouTuber(ユーチューバー)が「SuperMがビルボード1位を成し遂げても喜べない理由」という内容で彼らのマーケティング方法を指摘し話題となっている。

ビルボードのメインチャートにランクインしたSuperM

SuperMが、ビルボードのメインチャートにランクイン!!(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SM Entertainment)

SuperMは、SHINee テミン、EXO ベクヒョン・カイ、NCT テヨン・マーク、威神V(ウェイションブイ / WayV)ルーカス・テンの7人の優れたアーティストたちが集まったチームで、別名“K-POP界のアベンジャーズ”と呼ばれて、デビュー前からグローバルな注目を浴びた。

デビュー曲である「Jopping」は、音楽的にも構成的にもクオリティーが高く、ハウスミュージックの新しいサウンドとして注目されているフューチャーハウス曲として、感覚的でまるでクラブにいるような素晴らしいダンスミュージックだと言われている。

しかし、何故か韓国のファンの中では「SuperMの快挙」を疑問にとらえ苦言を呈する声も多く上がっている。
その中で、主にK-POPレビューをYoutubeで発信している有名ユーチューバーのDJ CHADOLLの意見が非常に興味深かったので紹介する。

DJ CHADOLLは、SuperMについて「メンバー構成も文句のつけようがなく、洗練されたパフォーマンスなど全てを兼ね備えたグループ」と評した上、ある点を問題視している。

それは、まさに「マーケティングに急ぎ過ぎているという点」だ。

アメリカ市場で徐々に名前を知らせながら公演を行い、放送に出演していく、そういう段階を経ても十分成功出来るグループなのに、なぜSuperMは急いだマーケティングを行っているのか。

韓国内のCD販売サイトでは、「ビルボードの集計に反映されるCD」という文言を付けてSuperMのCDを販売。

また、グッズや公演チケットにもアルバムが含まれており、すべては「ビルボード200」にランクインする目的で、攻撃的なマーケティングをしているとDJ CHADOLLは指摘する。

SuperMの問題点を指摘した韓国の有名ユーチューバー

韓国の有名ユーチューバーが問題点を指摘(画像出典:DJ CHADOLL Youtube capture)

SMエンターテインメント(以下:SM)とアメリカ・キャピトル ミュージック グループ(Capitol Music Group)は、SuperMの認知度や反応がどうであれ、またSpotify(スポティファイ)、iTunes(アイチューンズ)、ビルボードシングルチャートがどうであれ、最初のマーケティングは「ビルボード200」の1位が目標だった。

このようなマーケティングの結果、SuperMは「ビルボード200」チャートで1位を記録して成功を収めたわけだが、今後も新曲をリリースするたびに、このようなマーケティングを続けていくのかと懸念している。

「ビルボード200」へのランクインは歌手にとって名誉があることと同時に、一度ランクインすればずっと継続していかなければならない。

音楽業界で、韓国よりも怖い国がアメリカだと言われており、成功すれば良いが、売れなくなるとすぐに切り捨てられるシビアな世界だという。

このマーケティング戦略が問題になったとき、結局その汚名は歌手に向けられるため、急ぎ過ぎる戦略は危険を伴うとされる。

最近では「ビルボード200」で3度1位を占めたBig Hitエンターテインメント所属のBTS(防弾少年団)が急浮上し、K-POP界においてSMが注目される頻度が例年より減ったという評価も聞かれている。

もちろんSM所属のアイドルの中でも、東方神起やSUPER JUNIORなど、アジア圏で大きく注目されているグループもいるが、SMがアメリカ市場での成功を導くため、またBig Hitに負けずに張り合うための苦肉の策が「急ぎ過ぎたマーケティング」だったのかもしれない。


SuperM ビルボード1位でも喜べない理由(動画出典:DJ차돌동네)