SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキュヒョンの実姉がストーカー被害にあっていた。

現在、社会服務要員として服務中のSUPER JUNIORのメンバー キュヒョンの実姉が、ストーカーに脅迫されていることがわかった。所属事務所はこれに対して「家族が希望する方法で、解決されるよう協力したい」と伝えた。

SUPER JUNIOR キュヒョン

SUPER JUNIOR キュヒョン(出典:Twitter)

キュヒョンの所属事務所レーベルSJ関係者は8日、「現在キュヒョンの姉が出産のために入院している状況で、積極的な対応は難しい部分がある」としながらも「キュヒョンの姉の意思を最大限尊重して、家族が希望する方法で解決できるよう、積極的に協力する」と述べた。

続いて「キュヒョンが家族のことだと思い、所属事務所に助けを求めたことはなかった。姉のSNSへの投稿記事を介して問題を知ることになった」とし「キュヒョンはネチズンが自身を脅迫したことはない」と伝えた。

キュヒョンの実姉は最近Instagramで、匿名のネットユーザーに3年間脅迫を受けて来たと打ち明けた。彼女は「私の弟キュヒョン、両親にまでストーカーした。私には殺害脅迫もした」と伝えた。続いて「毎日メッセージと電話がくる。私の携帯のアカウントをハッキングしたこともある」とし「警察に通報してアカウントをブロックしてみたりもしたが、新しいアカウントを作成しても同じことをする」と訴えた。

実姉はネットユーザーが送信したメッセージや不在着信リストなどを公開した。記事によるとネットユーザーは「今日はきれいに見える」「私と付き合おう」などとメッセージを送り、父親がカフェに座っている写真を盗撮して送信し、「いうことを聞かないと、あなたの父親に危害を加える」と脅迫した。

実姉がこの文章を掲載すると、ネットユーザーは「ポストを削除してください」「キュヒョンのキャリアを台無しにしたいのか」などと、再び脅迫してきたことが分かった。実姉は最終的にこの記事を削除し、現在は見ることができないうえ、このネットユーザーの身元はいまだ確認されていない。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]