B1A4の所属事務所が所属アーティストに向けた悪意ある批判・虚偽事実の流布に対し「善処なく法的対応する」と明らかにした。

ボーイズグループB1A4側が、荒らしに対し刀を抜いた。

B1A4

B1A4(出典:Twitter)

8日所属事務所WMエンターテインメント側は、B1A4公式サイトを通じて「当社所属アーティストB1A4の虚偽事実の流布と、名誉棄損関連の法的措置案内」というタイトルの文章を掲載した。

所属事務所側は「所属アーティストに向けた悪意ある誹謗と侮辱、名誉棄損、虚偽事実などを流布して、所属アーティストの権利と名誉を棄損する行為について黙過できない」とし「善処なく法的対応を取る予定だ」と明らかにした。

続いて「今後も継続的にオンラインとSNS上で流布されている所属アーティストの虚偽事実の流布、悪意あるモニタリングと積極的な対応に、所属アーティストの権益保護のために、当社は最善を尽くす」と強調した。

今月22日にシヌゥが入隊を控えたB1A4は、5日にソウルオリンピック公園オリンピックホールでファンミーティングを通じ、ファンとともに過ごした。

[wp-svg-icons icon=”link” wrap=”i”] B1A4公式サイト

[korea_sns_button] [reaction_buttons]

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース