10月14日、ソルリの突然の訃報でオンライン上は深い悲しみと衝撃に包まれた。ファンのみならず、芸能界のスターたちも各自SNSを通じて故人を追慕しながら、哀悼の意を表わしている。そのような中、本日(17日)大切な人に見守られながらソルリはこの世と永遠にお別れをした。

K-POPガールズグループf(x)(エフエックス)出身のメンバーで、ソロ歌手として、また女優としても活躍を遂げていたソルリ(本名 チェ・ジンリ)が、25年という短い人生を終えて、この世と永遠にお別れした。

25歳という若さでこの世を去ったソルリ

25歳という若さでこの世を去ったソルリ(写真提供:©スポーツ韓国)

ソルリの出棺は、17日午前6時20分に行われ、現場には、遺族とSMエンターテインメントの関係者および知人たちが参列して、非公開厳守のもとで成された。

葬儀所が準備された後、ソルリと共にf(x)のメンバーとして活動していたルナがミュージカルの活動をしばらく休止し、アンバーとビクトリアもそれぞれアメリカと中国から急遽帰国して弔問に訪れた。

特に、普段から故人と懇意な間柄として知られている歌手のIU(アイユー)は、葬儀所でずっと故人のそばから離れなかったという。

ソルリは、14日午後3時21分頃、城南市(ソンナムシ)寿井区(スジョング)深谷洞(シムゴクトン)の自宅で亡くなったまま発見され、訃報が知れ渡るとオンライン上は衝撃に包まれた。

警察によると、捜査当時に遺書は発見されなかったものの、ソルリが普段から心境を綴った自筆のメモが出てきて、悪質なコメントに関連したメモは無かったと確認された。

また、警察は15日に解剖検査令状を申請し、国立科学捜査研究所に解剖検査を依頼。

国立科学捜査研究所は、16日午前9時から解剖を進め、他殺による所見は発見されなかったと明らかにした。

これにより警察は、ソルリが普段からうつ病を患っていたという知人たちの陳述に基づいて、ソルリが自ら命を絶ったと見て調査を終結した。

多くの女性たちから支持されたソルリ

自身の信念を貫くソルリに、多くの女性たちが支持(写真提供:©スポーツ韓国)

1994年生まれのソルリは、2005年MBCドラマ「薯童謠(ソドンヨ)」を通じて芸能界にデビュー。

2009年からf(x)として歌手活動をスタートさせ、多数のヒット曲で人気ガールズグループに成長したことで、彼女の認知度も上がった。

2015年にf(x)から脱退した後、ソロ歌手や女優として活動の幅を広げてきたソルリ。

4次元的な魅力と、特有の愛らしい笑顔で注目を浴びたソルリは、リアリティー番組「ジンリ商店(진리상점)」とJTBC2「悪質リプライの夜(악플의 밤)」などを通じて、自身の率直な心境を述べてきた。

特に最近では「ノーブラ論争」など、自身を取り囲んだ様々なイシューに対しても、信念を貫く姿を見せて、沢山の女性ファンからの支持を受けていた。

今年6月にはシングルアルバム「goblin’」をリリースし、歌詞に込められた彼女の世界観に再び注目が集まっている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。