自身がバイセクシュアルであるということをカミングアウトし、多くの関心を集めている以前韓国で放送された番組「アイドル学校」に出演していたソム・ヘインに浮上していた“学校暴力の加害者疑惑”が改めて韓国ネット上で話題となり、本人が当件に関する釈明を自身のインスタグラムを通じて行った。

「アイドル学校」に出演していたソム・ヘイン(ハングル 솜헤인)に校内暴力の加害者という疑惑が持ち上がり、本人が当件について言及した。

先日、自身がバイセクシュアルであるということをカミングアウトし、大きな注目を集めたソム・ヘイン。

ソム・ヘイン 学校暴力 釈明

バイセクシュアルであることをカミングアウトし、大きな関心を集めているソム・ヘイン(出典:ソム・ヘイン公式INSTAGRAM)

その後、彼女には応援の声も届けられたが、その一方で批判の声も目立つこととなった。

そのような状況の中、ネット上ではソム・ヘインが「アイドル学校」に出演していた当時に浮上した“校内暴力の加害者であった”という疑惑にスポットが当たることに。
当件に関する議論が繰り広げられる中、本日14日の午前、彼女は自身のインスタグラムに現在の自身の心境と共に、釈明文を投稿した。

文中では挨拶を行った後に、「自分の名前がリアルタイム検索ワードに上がり、記事が出ている事に呆然とし、当惑している」といきなり自身に集まった多くの関心に対する困惑を語った彼女。
その後、現在ネット上で注目を浴びている“学校暴力の加害者である”という疑惑に関して「議論の当事者同士の話が既に終わっているため、当件に対する話はこれ以上行わない」という立場を明らかにした。

また、自身がバイセクシュアルであるというカミングアウトアウトをしたことは学校暴力の加害者疑惑を隠すためでも、売名のためでもないということを強調したソム・ヘイン。
続けて彼女は、表現の自由が許されたインスタグラムの中で自身も他の人々と同じように自分が愛する人と恋愛している、ということを堂々と発信したかったという思いを語った。

今回のソム・ヘインの釈明を受け、韓国ネット上からは

「学校暴力は事実だったってこと?」
「この子が同性愛者だということに関心は無いけど、学校暴力の有無はハッキリとさせてほしい」
「当事者同士で解決したからということで終わる問題ではないと思う」
「同性愛を理解するひとは多いけど学校暴力を理解する人はいない」
「学校暴力論議を終わらせたいならはっきりとした立場を明らかにして」

という学校暴力の有無を明らかにすることを求める声が多く聞かれることとなった。

自身の意思にかかわらず依然として多くの関心を集めることとなってしまったソム・ヘイン。
改めて注目された学校暴力の有無の真実を求める人が多く存在している事から、彼女にはしばらくの間継続して注目が集まることが予想される。